2013年09月24日

旅の記憶 与論島百合が浜キャンプ場の外れの空き地にテント泊



先の記事で紹介した幻の砂浜「百合が浜」へ渡ることのできる大金久海岸には「百合が浜キャンプ場」があり、けっこう立派なキャンプ場の割には一人350円と安いのだが、わたしが着いた日には小学生の団体で一杯になっており、仕方なくキャンプ場の外れ、トイレ・シャワー塔の隣の空き地にキャンプすることとなった。

料金は同じだったので若干不服だったが、ここはここでトイレもシャワーも近いし、砂地の上にテントが張れるので(砂の上のテント泊はとても気持ちがいい)それなりに満足した。

P8051899.jpg

P8051900.jpg

P8051906.jpg

石の机と椅子がある。ここで自炊食事をした。

P8051908.jpg

P8051912.jpg

夕暮れ時は真っ赤になる。

P8051920.jpg

夜には「丘ヤドカリ」さんが現われた。とても可愛いい天然記念物です。

P8051923.jpg

P8060036.jpg


結局ここに2泊して2日目の晩は一人バーベキューしました。

それなりに楽しいキャンプでした✌



サーモス ソフトクーラーバッグ 5L パープル RDR-005 PL


アウトドア&スポーツ ナチュラム


posted by チャリダー詩人 at 19:27| Comment(0) | 2013九州沖縄の旅 旅の記憶 宿泊編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月23日

旅の記憶 限りなく透明な海 与論島百合が浜



与論島大金久海岸から100mくらい沖、干潮時に現われる砂浜。百合が浜。

この百合が浜は信じられないほど透明な海に囲まれた美しい砂浜だった。

百合が浜で遊べるのは午前10時頃から0時半くらいまで。満ち潮とともに姿を消す。

グラスボートで百合が浜へ渡るだけなら3000円、サンゴ礁回遊しながらだと5000円。わたしはサンゴ礁回遊コースを選んだ。

P8051933.jpg

P8051935.jpg

P8051944.jpg

ウミガメが泳いでいる。

P8051949.jpg

息継ぎの決定的チャンスを捉えた!

P8051963.jpg

P8051965.jpg

サンゴ礁の浅瀬を回遊

P8051968.jpg

P8051978.jpg

P8051989.jpg

P8051990.jpg

P8051993.jpg

幻の砂浜、百合が浜が見えてきた。けっこう賑わってます。

P8051994.jpg

P8052001.jpg

素晴らしい透明度。

P8051998.jpg

P8052002.jpg

P8052005.jpg

こいつは日本人です。

P8052007.jpg

P8052008.jpg

沖縄本島の海とは比べものにならないくらい透明な海水。

P8052010.jpg

P8052015.jpg

P8052018.jpg

砂に残された波紋も美しい。ゴーグルで潜ればカラフルな魚たちがウヨウヨいます。水が透明なので海中でも遠くが見渡せます。まるで草原に地平線を見るような海中の景色です。

P8052023.jpg

P8052028.jpg

P8052035.jpg

向こうに陸の海岸が見えます。沖合の砂浜から陸地の砂浜を眺めるなんとも奇妙な感覚。

P8052053.jpg

P8052042.jpg

P8052038.jpg

この海で泳いだ後は、もうほかの海で泳ぐ気にならない。それほど素晴らしい砂浜でした。わたしの今回の九州沖縄の旅中でもその美しさはダントツ1です。



アウトドア&スポーツ ナチュラム


posted by チャリダー詩人 at 18:20| Comment(0) | 2013九州沖縄の旅 旅の記憶 感動編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする