2013年09月20日

旅の記憶 久米島一周!畳石海岸、比屋定バンタ、ヤジャーガマ



チャリダーだから島に来たからには一周したい。ってなわけでシンリ浜をスタート!

P8011582.jpg

本当は最南端の島尻崎まで行きたかったのだが、あまりの激坂に途中で断念。大通りを行くことにしました。

P8011586.jpg

P8011591.jpg

P8011588.jpg




奥武島にある畳石海岸、名前の通り畳のような石が海岸を覆っています。

P8011595.jpg

P8011597.jpg

P8011599.jpg

P8011600.jpg

P8011608.jpg

P8011606.jpg

P8011609.jpg

どんどん走ります。

P8021612.jpg




比屋定バンタ、ここからの展望は素晴らしい。雄大な景色に感動します。

P8021634.jpg

P8021617.jpg

P8021630.jpg

さあどんどん行こう、大通りを逸れて海と白い雲の方へ。誰も通らない道、言い知れぬ寂しさがただよう道。孤独な南国の風景。

P8021635.jpg

P8021637.jpg

P8021640.jpg

P8021639.jpg

P8021641.jpg

P8021643.jpg

P8021645.jpg




ヤージャガマ(鍾乳洞)。入口を見たときはなんか不気味だったので引き返そうと思ったら、風変わりなおじさんに「入りましょう」と促されて入ってしまった。地元でも有名な案内おじさんらしい。

P8021655.jpg

P8021656.jpg

P8021657.jpg

入ってびっくり、予想外のスケール、今までみたことのない光景に驚愕しました。案内おじさんに感謝です。

P8021659.jpg

P8021661.jpg

P8021662.jpg

P8021664.jpg

出口付近は「トトロの森」と呼ばれているそうな。たしかに雰囲気はあるが、たぶんおじさんが勝手に言ってるだろう。

P8021668.jpg

P8021669.jpg

P8021670.jpg

P8021671.jpg

あとで島のひとに聞けば、この鍾乳洞は昔は納骨堂として利用されていて、人骨がごろごろしていたらしい。観光地として有名になったので整理したらしい。最初に聞いてなくてよかった💦

あくる日の朝、久米島を発ちました。

P8021680.jpg

ありがとう久米島、シンリ浜のおばちゃん。また会いにゆきます❤



アウトドア&スポーツ ナチュラム



posted by チャリダー詩人 at 18:15| Comment(0) | 2013九州沖縄の旅 旅の記憶 感動編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月19日

旅の記憶 キャンプ無料 おばちゃん最高! 久米島シンリ浜海浜公園

>

前の記事でも紹介した久米島シンリ浜海浜公園。ここは町に申請すればキャンプ無料で連泊もできる。わたしは3連泊してしまった。

DSC_0974.JPG

DSC_0973.JPG

DSC_0978.JPG

キャンプ無料といってもここはキャンプ場ではありません。海を見晴らす丘に食堂がありそこが管理棟にもなっている。管理棟といってもおばちゃんが一人いるだけ。夜には自宅へ帰る。

食堂のまわりは広い芝生の野原になっているのでどこにでもテントは張れる。わたしは食堂の海側にあるテーブルと椅子で飲食して、その前にテントを張った。

トイレ、シャワー完備、シャワーは無料で24時間浴び放題、お湯は出ないが沖縄諸島の水はぬるいお湯みたいなもんだから調度いい。

風も良く吹き日当たり最高で洗濯物もすぐ乾く。夜は芝生に寝そべると満天の星空を眺めることができる。天然のプラネタリウムだ。

DSC_0972.JPG

眺めも最高。

DSC_0977.JPG

昼は食堂でやきそばを注文して食った。缶ビールも置いてあるから酒飲みのわたしには嬉しい。

DSC_0979.JPG

食堂の店主兼管理人のおばちゃんは、もともと久米島生まれなのだが、大阪に長くいてお子さんも二人大阪にいる。それだけに大阪のおばちゃんらしい人なつっこさがあり、話も面白く、優しい最高のおばちゃんでした。

翌朝出発する日の夕方にはナーベランブシーをサービスで作ってくれた。辛子が効いて美味しかった。

DSC_0986.JPG

管理人があのおばちゃんでなければ3連泊もしなかった。

旅の印象は出会う人によって大きく変わります。

色んな意味で最高だったシンリ浜海浜公園です❤

obatyan.jpg



アウトドア&スポーツ ナチュラム


posted by チャリダー詩人 at 15:37| Comment(0) | 2013九州沖縄の旅 旅の記憶 宿泊編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする