2015年06月09日

エンペラーのブレーキワイヤーを交換


昨年の旅で劣化したワイヤーを新品に交換します。


P6090005.jpg


劣化したといっても走りに支障が出るほどではないので今年もそのまま使ってもいいのですが、やはり気持ちの問題です。特にインナーワイヤーはステンレス製なので全くと言っていいほど劣化していないですが、アウターを換えるときにはやはりセットで換えたいのがチャリダーの心情です。


外した古いアウターワイヤー。これを見るとやはり換えたくなりますよね、チャリダーとしては。


P6090016_01.jpg

P6090017_01.jpg


新しいワイヤーはアリゲーター製です、アマゾンで安かったので使ってます、特に支障はないです。


P6090008_01.jpg


アウター、インナーとも古いものと同じ長さに切ります。

切るときに使うのがワイヤーカッター、ホーザン製です。ちょっと高いです。でも必須ですね。


P6090010_01.jpg


でもアウターワイヤーを切るときには注意


P6090027.jpg


切るときにはスパッと一気に切らなければいけない。ジワジワゆっくり切っているとこんな風に穴が潰れてしまいます。


P6090023_01.jpg


古いワイヤーで何度か試し切りで練習してから切ると良いです。


そしてまた面倒なのはカンチブレーキの締め金具の位置決めです。


P6090021_01.jpg

P6090018_01.jpg


古いワイヤーを外す前に締め金具の位置をマーキングしておくか、このように画像を残しておくかした方が良いです。

インナーワイヤーを最初から切るのではなくて、このカンチブレーキの締め金具の位置を決めてから切る方法もあります。その方が作業はし易いかも知れません、お好みです。

新品になったワイヤー


P6090001_01.jpg

P6090028.jpg


やはり新品に換えると気持ちがいいですよね洗車もメンテナンスもツーリングと同じ、ライフスタイルです、自転車というライフスタイルです。だから楽しんでやってます



にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ
にほんブログ村


アウトドア&スポーツ ナチュラム



posted by チャリダー詩人 at 22:12| Comment(0) | チャリンコメンテナンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エンペラーのブレーキシュー交換 タックス ブレーキシューチューナーはなかなか使える


昨年の旅ですり減ったブレーキシューを交換します。

後輪のカンチブレーキのブレーキシューです。左が新品です、かなりすり減っております。3000キロでこんな感じになります、荷物の重さにもよるでしょうが。


P6090010.jpg


交換作業に入ります。ブレーキを解放してから


P6090007.jpg


今回はこれを使いますタックス ブレーキシューチューナー。ちょっと高いので考えましたが買っちゃいました。カンチのブレーキシューの調整はいつも手間取るので。


P6090012.jpg


Tacx(タックス) BRAKESHOE TUNER


使い方は簡単、このチューナーをリムに挟み込んでネジを締めて固定する。後はこのチューナーのリムの上の限界線(凸になってる)に合わせてブレーキシューを固定してネジを締めるだけ。


P6090016.jpg


カンチブレーキのブレーキシューはグラグラして位置決めが難しく、決めたつもりでもネジを締めるときにまたズレたりしてかなりイライラします。

わたしはこのチューナーのリムの上の限界線(凸になってる)に思いっきりブレーキシューを持ち上げるようにして位置を固定します。そうしなければシューの位置が下気味になります。


バッチリ取り付けました


P6090023.jpg

P6090022.jpg


前輪のブレーキシューはそれほど減ってなかったので、予備を持っていって必要ならば旅中に換えようと思います。ブレーキシューも2個で1000円くらいするから使い切らないともったいない。


P6090019.jpg


このブレーキシューチューナーはなかなか使えると思います。無いよりはあった方が格段に作業が早い。旅にも持って行きます、軽いので。

自転車屋さんはレンチとアーレンキーだけでスイスイ〜と数秒で調整してますが、あれはプロだからできる技です。


にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ
にほんブログ村


アウトドア&スポーツ ナチュラム



posted by チャリダー詩人 at 12:59| Comment(0) | チャリンコメンテナンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする