2016年06月29日

旅のコーヒーアイテム コールマン パッカアウェイケトル 0.6L



先の記事でも紹介したドリップコーヒーセットの1アイテム「コールマン パッカアウェイケトル/0.6L」を紹介します。


P6270008.jpg


コールマン パッカアウェイケトル/0.6L 2000010532


今までは旅中のドリップコーヒーでお湯を沸かすのにシェラカップを使用していたのですが、シェラカップだと少しずつ注いだりするようなデリケートな使い方ができない。どうしても構造上ワイルドな注ぎ方になってしまう。


346s.jpg


でもドリップコーヒーは「最初数滴落として30秒蒸らして」といったデリケートな注ぎ方をするのが美味しく飲む秘訣です。かといって本格的な、注ぎ口が細くて長いようなケトルはアウトドア向きではないのでこのコールマンのケトルを選んだ。

重量150gとありますが、感覚的には「軽い」という印象です。0.6Lなので大き目のカップラーメンでも大丈夫な容量、この大きさがコンパクトサイズでも最適なのかもしれない。レトルトカレーも折って入れれば温められます。

そしてこのケトルのアピールポイントは90度以上傾けてもフタが落ちない構造になっていること。

マグネット式でもハメ込み式でもなく、ただふつうにのせているだけのフタだが落ちないように物理的にうまく構造されている。


P6270011.jpg


ここまで傾けても落ちない。


P6270014.jpg




これはケトルの泣き所を解消した素晴らしい仕組みだと思います。拍手

収納袋も付いています。


P6270015.jpg

P6270017.jpg


なかなか活躍してくれそうなケトルです、期待してるよコールマンケトルくん



にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ
にほんブログ村


アウトドア&スポーツ ナチュラム


posted by チャリダー詩人 at 18:11| Comment(0) | チャリ旅のアイテム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

旅のドリップコーヒーセット揃えちゃいました 



旅のドリップコーヒーセット買って揃えちゃいました


P6270002.jpg

P6270006.jpg


コールマン パッカアウェイケトル/0.6L 2000010532


ポーレックス セラミック コーヒーミル ミニ


ユニフレーム(UNIFLAME) コーヒーバネットcute(キュート) 664025


日常でも旅中でもわたしは朝はコーヒーを淹れて飲むのが好きなんです。


346s.jpg


昨年の旅中でもほぼ毎朝バーナーでお湯を沸かして飲んでいました。キャンプ場や道の駅で飲む朝のドリップコーヒーは最高なのよね〜

でも今まではスーパーやコンビニで売っている、カップにそのまま載せてお湯を注ぐタイプのレギュラーコーヒーを買っていました。これが一番楽なドリップコーヒーの飲み方です。

しかしある本を読んだときにそこに書かれてあった記述を見てから市販のコーヒーを飲むのが嫌になったんです。その記述には「世界の農産物のなかでも農薬の使用量が2番目に多いのがコーヒー豆」とありました。ちなみに1位は綿花だそうです。

市販に売られているあらゆるコーヒーは「有機コーヒー」と記載がない限りはその農薬たっぷりのコーヒー豆が使われているということになります。

家でドリップして飲むときは以前から有機コーヒー豆を買って挽いて淹れておりますが、これからは旅中も「有機」の表示があるコーヒー豆を買って挽いて淹れて飲もうと思っております。いつも家で飲んでいるのは以下の「小川珈琲店 バードフレンドリーブレンド」です。


小川珈琲店 有機珈琲バードフレンドリーブレンド 豆 170g


有機コーヒー豆はコンビニでは売ってないと思いますが、少し大きいスーパーなら売っています、だからそんなに入手に苦労はしないと思います。

そしてやはりコーヒーは挽きたてに趣きがあって、あのガラガラと挽いている最中にも香りが鼻まで上ってきて、朝の一コマの楽しさがワンランクアップするように思います。

だから少々高いのと、重量がプラスされるのを覚悟で買って揃えてしまいました。

各ドリップアイテムの詳しい説明は時間があればまたアップしようと思います。

ああ、また自転車が重くなってしまた


にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ
にほんブログ村


アウトドア&スポーツ ナチュラム


posted by チャリダー詩人 at 07:47| Comment(0) | チャリ旅のアイテム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする