2016年11月04日

雪の歩道を歩いて図書館へ そうだ向田邦子を読もう



昼ご飯はビーフシチューと納豆


2016_1104_11453900.jpg


ビーフシチューもあと一回で終了、うま過ぎるのでまた作ろうかな


食後はコーヒー飲んで


2016_1104_12102800.jpg


図書館へ


DSC_1163.JPG


風が弱いのでそんなに寒くはないが、雪が残っている歩道が歩きにくい、凍りの部分を歩くと滑りそうになるので、雪の部分を歩く

やっぱりコメントくださった方々の助言通りに、北国用の靴を買った方がいいかも、でももう少しこのノーマルシューズで頑張ろう


図書館に着いて


DSC_1165.JPG


最初に読んだのはこれ


DSC_1164.JPG
スタンリー・キューブリック


いわずと知れたハリウッドの巨匠、彼の私生活や撮影風景などの写真が夫人の短い解説付きで紹介してある

キューブリックの映画でわたしが観たのは「2001年宇宙の旅」「時計じかけのオレンジ」「シャイニング」「フルメタルジャケット」、すべて素晴らしい映画だと思うが中でも一番の傑作だと思うのは「2001年宇宙の旅」です、世界映画史上の最高傑作だと思います、って大した本数観てないけど(ヘ。ヘ)

キューブリックって謎めいた人物かと思っていたら、意外と普通の人でした、良き夫、良きパパだったようです


次に読んだのはこれ


DSC_1166.JPG
アル・パチーノ


アル・パチーノのインタビュー本です、アル・パチーノ好きだから読んでみたのですが、所々読んですぐに返しました、マニアックな話が多かったので


その後読もうと思う本がなかなか決められず、一時間くらいウロウロと探してました、明日は雨か雪っぽいので数冊は借りて帰りたかった


そしてなんとか決まって、借りて帰ったのがこの3冊


2016_1104_17380400.jpg


向田邦子のエッセイ、向田邦子は以前にショートムービーを何本か観てすごく面白かったので、読んでみようと思った次第です、でも小説はダルいのでエッセイで

最近はすごくエッセイが読みたいんです、社会批評とか歴史・哲学などの重〜い本よりは、軽〜いエッセイが読みたいんです


ってなことで、もう18時、お米も炊けたのでマックスバリューに行ってプチ買物して、晩飯食って、焼酎飲んで、スリープしようと思います


今日もゆる〜いけど楽しい午後でした


まだ寝ないけど


とりあえずおやすみなさい



にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ
にほんブログ村


アウトドア&スポーツ ナチュラム




posted by チャリダー詩人 at 18:20| Comment(0) | 2016帯広で冬ごもり生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

好きな時間を大切にする生き方



仕事を辞めて、旅して、たどり着いた帯広に家を借りて、何の予定もないのんびりとした生活をしながら、ふと気づいた


わたしは朝が好きなのだと


サラリーマンの頃は夜がいつまでも続いてくれればいいと思っていた、朝が来るのが憂鬱だった、いつも眠たかった、起きて着替えたり顔を洗ったりせずに、ずっと眠っていたかった、通勤ラッシュの車のなかのわたしは意志を失った石のようだった


自営業の頃は少し朝を楽しめるようになった、毎朝コーヒーを煎れる週間はこの頃から、でも忙しくなってからは朝の時間は仕事を早く終わらせるための「手段」として、異様に早い時間に無理して起きたりしていた


慌ただしい時間のなかにいると、目の前にある現実にばかり気をとられて、ほんとうの自分の気持ちは心の深い穴の奥に押し込まれてしまって、その声は聞こえなくなる


仕事と雑事から解放された今、押し込んでいた声も解放されて、聞こえてきたのだ、ほんとうはわたしは朝が好きなのだと


旅中は壁と屋根から解放された、まさに大自然の生(なま)の朝を満喫していたのであるが、でも旅中の朝もけっこう忙しいのである、自転車旅では尚更、早く出発しないと後がキツくなるから


だからわたしにとっては今、帯広のこの部屋にいる今の朝が、今までの人生のなかで一番楽しい朝なのだ


現代社会では多くの人が一律に同じ時間に仕事をして、同じ時間に食事して、同じ時間に眠っている

でも人それぞれ、ほんとうは好きな時間がある筈なのだ、好きな食べ物や、好きなタレントが異なるように、好きな時間も異なる筈である

それなのに、その好きな時間に慌ただしく電話したり、車を飛ばしたり、怒られて頭を下げたりしている


それが理不尽とは言わない、不条理だとも思わない、人それぞれ自分が選んだ人生を好きで生きているのだから

でも好きな時間を見つけることが出来たわたしは

この好きな時間である朝を、誰にも邪魔させずに、心の声を解放して

のんびり大切にして生きていきたいのである



2016_1025_07194400.jpg



にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ
にほんブログ村


アウトドア&スポーツ ナチュラム

posted by チャリダー詩人 at 12:29| Comment(0) | チャリエッセー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

帯広35日目 アスファルトガチガチな朝 まだ雪溶けてないよ〜



おはようございます


2016_1104_06565700.jpg




今朝の帯広は晴れております、がまだ雪は完全に溶けてはおらず、ガチガチのアスファルトの上をスタッドレスな車がビュンビュン駆け抜けております


2016_1104_06572700.jpg


さすが北海道だねえ〜って感心しちゃいます、わたしだったらいくらスタッドレス履いてるとはいえ、こんなガチガチに凍ったアスファルトのうえを普通に走るのは無理です、たぶん30キロくらいでノロノロと走るでしょう、そして後ろの車がイライラしてるのが気になって、相当ストレス溜まって肩がガチガチに凝ってしまうでしょう

だから北海道では絶対運転したくねえ〜って思います、「車貸してやるよ」なんて言われても断ります





モーニングコーヒー飲みました


2016_1104_07022000.jpg




2016_1104_07084900.jpg
やっぱ北海道の冬は長靴が欠かせないよね〜って思いながらコーヒーを飲む44歳ニートのブーツ面


最近はバイトに応募したとか、落ちたとか、そんな記事ばっかり書いてますが、本来わたしはバイトがやりたくてこの帯広に家を借りたわけではなくて、この北海道の地で「シュールな生活」をしたくて電撃ステイしたのであります

だから初心に帰って、もっともっと楽しくなれる「イベント」を作って探して、帯広の生活をシュールにクリエイトしていきたいと思います


ってそう言いながらまたバイトに応募TELしたりして(ヘ。ヘ)


ご都合主義者ですから、前言はいつでもひっくり返します


そんな感じで今日もゆる〜く過ごします


チャオ〜♪


今朝の格言:自分の自由を縛るような主義なら捨ててしまえ

チャリダー詩人



にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ
にほんブログ村


アウトドア&スポーツ ナチュラム

posted by チャリダー詩人 at 08:13| Comment(0) | 2016帯広で冬ごもり生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする