2017年10月03日

続帯広7日目 晴れなのに風が冷たい午後 10月に帯広に帰った理由 



今朝は出勤が早かったので4時半に起きました


003.jpg


昨晩は暑かった、毛布を外して寝てました


気温はそんなに低くはなかったのだが


005.jpg
気温ベランダ 13℃ 5時測定


やはり起きてすぐはなんか寒い、だから


002.jpg


今朝もストーブを点けてしまった、またすぐに消したけどね


そしてモーニングコーヒー飲んで


001.jpg


6時ごろ家を出ました、出勤は雨が降っていたのでから車で迎えに来てくれました



日中は晴れていたのですが、風が冷たかった

晴れでも風が強いと寒い季節になった



仕事終わって家に帰ったのは15時ごろ、今日は早く終わった


家に帰ってからは、郵便局にお金下ろしに行ったり


006.jpg


旅中に止めていたガスをまた再開させたり、実家から届いた荷物の整理をしたりしてましたが

連日の疲れで眠たくなったので2時間くらい寝ました


そして日暮れ前に起きてお惣菜買いに行って、晩飯にしました


007.jpg


それから酒飲みながら映画「マリアンヌ」を観ました


名称未設定 1.jpg

http://amzn.to/2yU93Jn


見ごたえのあるサスペンスでした

最後はジーンときました


けど、名作ってほどでもないなあ〜って感じです


やっぱりハリウッドだなって・・・なんか無理があるっていうか、新しさがないっていうか

諜報部員マックス・ヴァタンを演じるブラッド・ピットが、「追憶」のロバート・レッドフォードとかぶって見えました

ストーリーの展開も追憶と似ている気がする、舞台背景、映画ジャンルは全く違いますが

映画の完成度としては「追憶」の方が断然上です

って、やっぱり追憶と比べるのは無理があるかな



話しは変わって



昨晩、ブログの読者さんのコメントに

わたしが10月に自転車の旅を終えた理由を「10月にキャンプ場が閉鎖するから」と答えましたが

もし10月末まで多くのキャンプ場が開いていたなら、もう少し旅を長く続けていただろうな、とは思う

道南まで足を伸ばしていたかもしれない、10月末ごろまでの帯広への帰還を計りながら


恐らく北海道では10月までは雪は山間部にしか降らないと思うので、そうすることも可能だったかも知れない

寒さはまだ我慢できるレベルであったので


そしてキャンプ場が閉鎖してもライダーハウスを利用して旅を続けることはできただろう

でもそれは選択しなかった、なぜかというと


森や湖畔や岬で朝を迎える心地よさを味わってしまってからは、畳やベッドの上で旅の一夜を過ごすことは無意味に思えてきたのだ


もともとサイクリングの延長だったわたしの旅は、いつしか「キャンプも楽しむ」旅へと変わった


これはキャンプ王国である北海道でキャンプ場を回った昨年の経験が多いに影響してるだろう


それが良いか悪いかなんて論じても意味がない


何事も楽しいか楽しくないかで判断すべきである、そしてそれは完全に自分本位であるべきだ


そしてそれは楽しかったのである



この「自転車の旅哲学」はかなり深いので一度には語りつくせません、だから追々少しずつつぶやいていこうと思います



明日もバイトです、もうそろそろ寝ます

今夜も毛布はいらなさそうです



ではまた



チャオ〜♪



にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村



posted by チャリダー詩人 at 22:15| Comment(0) | 2017帯広2年目の冬ごもり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする