2017年12月13日

続帯広77日目 −3℃な朝 チャリ旅哲学「ゲストハウス論・道(チャリダー・沿岸か内陸か・北海道道北編)」



今朝は6時ごろ起きました


001.jpg


晴れてましたよ


006.jpg


ちょっと寒かったね


004.jpg
気温ベランダ −3℃ 6時半測定


モーニングコーヒー飲んで


008.jpg


7時半ごろお迎えの車でバイトに行きました


今日の現場は音更と芽室でした


まあちょっとキツかったね


家に帰ったのは17時半ごろ


でもこれで終わりじゃないのよね・・・


21時から夜勤に行きます、人手が少ないから頼まれちゃったのよね


まあ明日から2連休だからいいんだけど



さて、今日のつぶやきです


-----チャリ旅哲学「ゲストハウス論・道(チャリダー・沿岸か内陸か・北海道道北編)


北海道は大まかに道南、道央、道北、道東と「地域生活経済圏」という名のもとに4つに区分されている

道東は更にオホーツク圏、十勝圏、釧路・根室圏と3つに区分されている


道北には第二の都市「旭川市」があるが、第一の札幌と比べれば相当小さい、まだ函館の方が活気があるだろう


その旭川市でさえ道北といってもかなり南にあり、その北側にある都市で一番人口が多いのは最果ての稚内である

一番多いといっても、4万人弱しかいない


西は日本海のオロロンライン、東はオホーツク海のオホーツクラインと北海道有数の「爽快ロード」に挟まれた道北の内陸部には山と広大な平地があって、鉄道も真っ直ぐ北へ最果てまで伸びているが

その土地の大きさに比して、人は極めて少ないのである


道北の最大の見どころといえばオロロンライン、晴れた日なら青い海の向こうにそびえる利尻山を眺めながら、巨大な発電風車が居並ぶ「風の道」を爽快に走ってゆける

バイカー、チャリダーの憧れの道である、まさにこのルートは「二輪車の聖地」だ


留萌の黄金岬から眺める夕焼け、海鳥が戯れる天売島、初山別岬からの展望、高原の花々美しい最果ての島「礼文島」と「利尻島」、日本最北端の宗谷岬、荒々しいオホーツク海の眺め、水鳥が集う天然湖「クッチャロ湖」、日本有数の人造湖「朱鞠内湖」

海鮮も安くて美味い


美しい湖もあるが、道北といえばやはり海だ、道北の海を見ずして北海道は語れない


そのかわり内陸はちょっと寂しいのである


旭川から稚内へ伸びる幹線道路の40号線沿いは、東西の海岸線がドラマチックなだけに景色の変化が乏しい感がある


旅人からすればやはり道北の魅力は海なのだ


-----


今日はこのへんでお開きにします


これから晩飯食って夜勤に行ってきます



ではまた



チャオ〜♪



にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村



   
posted by チャリダー詩人 at 18:47| Comment(2) | 2017帯広2年目の冬ごもり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする