2018年01月23日

続帯広118日目 昨晩も街で飲んじゃったよ チャリ旅哲学「プチ移住白書・寝袋から布団へ」



昨晩はやはり飲みに出ちゃいました


DSC_0516.JPG


寒かったねえ〜風が強くて顔が痛かった


DSC_0517.JPG


またいつものように赤ちょうちん、って着いたら


DSC_0518.JPG


休みだった・・・月曜定休だったんだねえ、知らなかった


ということで、バイト仲間に教えてもらった店に行った


DSC_0519.JPG


「まさゆめ」って店です


まずはビールを頼んで


DSC_0520.JPG


お通し


DSC_0521.JPG


刺身盛り7品盛りを頼んだ


DSC_0522.JPG
刺身盛り7品盛り 980円 


いやあ、これは美味かった

このボリュームで980円は安い、おまけに軍艦巻きのシャリが2個付いてあるのが嬉しい


そしてししゃも


DSC_0523.JPG
広尾産子持ちししゃも 680円


これも普通に美味かった


しかし・・・次に頼んだこれは、わたしには合わなかった


DSC_0524.JPG
インカ芋塩辛のせ 520円


イカの塩辛の生臭さがじゃがいもで倍増されてる感じで、正直美味いとは思わなかった

やっぱイカの塩辛はごはんと一緒に食うのがベストだ


お会計は生ビール2杯とレモンサワー飲んで合計4150円でした


全体的な感想は、まあまあかなあ〜って感じです


注文はタッチパネル式になってるのだが、このタッチパネルってなんか味気ないよね


DSC_0525.JPG


直接店員に注文してもいいんだろうけど、前にタッチパネルがあるとどうしてもそれで注文しなくちゃいけないような気になる

そして店員もなんか事務的で元気がなかったように思う、みんな若かったけど

あくまでこれはわたしの感想ですが、やっぱ赤ちょうちんの方が好きだなあ


店を出たあとはとぼとぼ歩いて


DSC_0526.JPG


また場末にスナックに行っちまった


1時まで飲んで歌って、まあ楽しい夜だったよ



今朝起きたのは12時ごろ


002.jpg


雪がちらついてたねえ


005.jpg


溜まっていた洗濯物を洗って


009.jpg


モーニングコーヒー飲んで


007.jpg


もうとっくに昼すぎていたので腹が減った


飯を食いに行った


雪がひどくなっていたので傘さしてとぼとぼ歩いて


DSC_0529.JPG


久しぶりにアルシノエに行った


DSC_0530.JPG


カツカレー950円を食った


DSC_0531.JPG


ボリュームたっぷりで美味かったよ


家に帰ってからは温泉にいってすっきりして


いまは部屋でちびちび熱燗飲んでます



さて、今日のつぶやきです


-----チャリ旅哲学「プチ移住白書・寝袋から布団へ」


北海道の厳冬期を過ごすのに、寝具はストーブと同じくらいに重要だと思われるのだが、実際は愛媛にいたときとあまり変わらない

かけ毛布を一枚足しているだけだ


マイナス15℃を下回ると布団に入っていてもちょっと寒気がするが、そんなに日が毎日続くわけではないので、我慢している


北海道の家は四国の家に比べて壁が厚いし気密性も高いので、意外に温かいのである



この部屋に住み始めた当初は旅中に使っていたモンベルの寝袋と同じくモンベルのピロー(枕)で寝ていた


しかし10月も中旬に入るとこの寝袋だけでは寒くなってきた


だからこれをAmazonで買った





安価なこの寝袋は旅中に使っているモンベルの寝袋に比べれば重くてコンパクトにもならないが、防寒力はこちらの方が優れている



それでも10月の末が近づいてくるとこの寝袋でも寒くなったから、ついに実家から毛布を送ってもらった


もちろん毛布だけを送ってもらったのではない、どうせ宅配運賃が掛かるならと、ついでに色んなものを詰めて送ってもらった


服や鍋や食器やら・・・


先述したようにここの滞在では出来るだけ荷物は増やしたくなかった、でも生活していくうえで、「絶対に必要」とはいわないまでも「あれば便利なもの」は揃えたくなるのが人間だ


結局実家から送ってもらった荷物は全部で14箱になる


すべてクロネコで送ってもらったが、宅配運賃は一箱で2300円くらいなので、合計で32000円くらいになっただろう



ここ現地で買わずにわざわざ実家から送ってもらった理由の一つは、その方が安いからである


送ってもらった服や鍋や食器のほとんどはわたしが愛媛の一人暮らしのときに使っていたものである、もしくは実家で余っていたものだ


それらをすべてこちらで新しく買ったなら、その費用は宅配運賃に比べて3倍〜4倍かそれ以上になっただろう


実家に眠っているものがあるなら、新しく買うよりは、一つの箱に詰めてまとめて送ってもらう方がはるかに安上がりなのだ


そしてその方がエコではないか、と思うのだ



11月に入ると、ついに布団を送ってもらった


10月下旬に敷布団だけ先に送ってもらっていたが、敷布団に寝袋で寝ているのも陳腐だし、やっぱり寝袋は寝苦しい


愛媛を出た7月からずっと寝袋生活を続けていたが、ついに11月に布団生活に入った


戻ったというべきか


5か月ぶりの布団は・・・やはり気持ちが良かった(笑)



胸張って言おう!わたしは俗物だ


-----


今日はこのへんでお開きにします


明日も休みです


1月はバイトもスローモードだ

でもこれくらいがちょうどいい



ではまた



チャオ〜♪



にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村



    
posted by チャリダー詩人 at 20:22| Comment(0) | 2018帯広2年目の春待ち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月22日

続帯広117日目 −8℃な朝 チャリ旅哲学「プチ移住白書・ストーブと灯油代」



今朝は5時半ごろ起きました


001.jpg


まだ日は出ていなかった


009.jpg


そして寒かった


004.jpg
気温ベランダ −8℃ 6時半測定


モーニングコーヒー飲んで


010.jpg


7時ごろ迎えの車でバイトに行きました

今日の現場は市内でした、ちょっと疲れました

家に帰ったのは16時半ごろです


明日から2連休なので、飲みに街に出ようかどうか迷っております



さて、今日のつぶやきです


-----チャリ旅哲学「プチ移住白書・ストーブと灯油代」


北国の冬を乗り越えるのに絶対に欠かせないものはストーブである


ちゃぶ台も洗濯機も無ければ不便だが、無くても死ぬことはない


でもこの北海道でストーブがなければ死ぬ危険性があるだろう


特にここ帯広は北海道でも有数の寒冷地である、生半可な暖房では冬は越せないのではないかと思った


だからストーブもどの程度の規模のものを買うか迷った


ホームセンターで煙突式とかFF式とか、色々見て回ったが、どれも高い、安くても4万円高ければ10万円くらいする


先述したように、この帯広の冬は出来るだけコンパクトに費用を掛けずに過ごしたかった

だから一番重要なストーブといえどもデカくて高いものは買いたくなかったのである


だからとりあえずこれで様子をみることにした、Amazonで買った、ホムセンで買ったら持って帰るのがダルいから(笑)





無理っぽかったらもう一台足せばいいや、って感じで



でも結局この一台で昨年の冬は乗り越えられた


この住居は7畳2間で扉で仕切られている、1つの部屋は寝室として限定しているので、温めるのは居間だけだから、7畳1間が温まればいいのである


寝るときも布団に入ってしまえばそんなに寒さは感じない


ちなみに寝るときはストーブは消す



もちろんストーブを炊いていてもしっかりと厚着している

ガンガンにストーブを炊いてTシャツで過ごしている道民のマネはしないことにしている(笑)



それが四国人の心意気だ



それでも2月のマイナス20℃を下回る夜と朝は、ストーブを炊いていても部屋全体は温まらず、布団に入っていても微妙に寒い



でも死ぬほどではない



冬の寒さは「我慢する」のが我々西日本人の習慣だから、そんなに苦でもない



灯油代は厳冬期の12月〜2月で6000円〜7000円です

灯油タンク18リットルが約1500円で、週一回くらいスタンドに買いに行く



昼間はバイトに出てたり、休みでも出かけたりすることが多いし、日中は日が照るとこの部屋は温かいのでストーブは消していることが多い


そしてこの小さなストーブは、かなり燃費がいいのである



11000円のストーブと月7000円程度の灯油代でも、北海道の冬は乗り越えられるのである


-----


今日はこのへんでお開きにします


ああ、飲みに行こうかどうしようかなあ〜


でも行くんだろうなあ〜


行きたいと思ったなら行くのだ


楽しいことしたくてこんな生き方してるのだから



散財するは我にあり



チャオ〜♪



にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村



   
posted by チャリダー詩人 at 18:46| Comment(0) | 2018帯広2年目の春待ち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする