2018年01月03日

続帯広98日目 お正月もそろそろ終わる チャリ旅哲学「移住か旅先か・ある人との出会いから」



今朝は9時半ごろ起きました


005.jpg


曇り空でしたね


001.jpg


暖かかったけどね


008.jpg
気温ベランダ 3℃ 10時測定


モーニングコーヒー飲んで


006.jpg


午前中はのんびりして


昼になったら豚野菜ラーメン作って


001.jpg


それから図書館に本を返しに行きました


DSC_0466.JPG


まだ閉館しているけど、返却ポストがあるから


ほんと年末年始よく雪が降ったよね


DSC_0468.JPG



さて、今日のつぶやきです


-----チャリ旅哲学「移住か旅先か・ある人との出会いから」


旅の行程はそれまでの夏旅と同じ、四国の南側高知の海岸沿いを進んで徳島の港から和歌山に渡り、大阪、京都の都会を避けながら琵琶湖を目指し、琵琶湖からは北上して北陸へ、そこから青森県の竜飛岬を目指してひたすら日本海沿いを進んだ


最初の目標だった竜飛岬に着いてからは、せっかくなので下北半島を周ることにした、でも本州最北端の大間岬に着いたとたんに目と鼻の先の函館に渡ってみたくなった


6年前に北海道を周ったときは、京都の舞鶴港から小樽港まで船で渡って、帰りも道南は行かずにそのまま小樽港から帰ってしまったから、道南はわたしにとって未踏の地だった

このチャンスを逃せば、もう道南を旅することもなくなってしまうように思えた、だからとりあえず有名な洞爺湖と支笏湖を見てまた本州へ帰ろうと決めて函館へと渡ったのだった


この旅を始める前は、竜飛岬へ着いたあとは下北半島を周って太平洋側の三陸海岸を走って岩手県、宮城県、できれば福島県まで行ってみたかった、この3県はまだ行ったことがなかったから

そして長野県あたりでボラバイトでもしようか、なんて考えていた

3年前に上信越を旅したときに、長野の日本アルプスの景色に魅了されたから、その裾野で暮らしてみたいなんて思ってたのだ



それが函館に渡ってから運命が変わってしまった



函館港に着いてからは長万部を通って洞爺湖のキャンプ場で泊まって(その間七飯、長万部でもそれぞれ一泊してる)、さあ次は支笏湖だ、ってとこで道中に「キノコ王国」というお食事&お土産屋が一体になったでっかいショップがあったのでそこで昼飯を食って、なめ茸でも晩酌のつまみ用に買って帰ろうかなって、土産物売り場に寄ったら、そこで売り子をしていたある人に出会ってしまった


その人は度々ブログにも名前だけ登場してるが「渡世人のMさん」だ


その人に初めて会ったのはこの旅から2年前、北陸を旅していたときに、富山県氷見の道の駅の東屋で休んでいるところに声をかけられて、それから話がはずんで刺身をごちそうになったりして夜遅くまでその東屋で二人で飲んで盛り上がったのだ

翌日には朝少しだけ話して別れて、旅が終わって愛媛に帰ってからもショートメールでしばらくやりとりしていたのだが、あるときから急に音信不通になり、ずっと気にはなっていたのだ


それがばったりまさかの北海道で再会してしまったので話がはずんでしまって


Mさん「これからどこ行くの?」

わたし「支笏湖のキャンプ場泊まったら、そこからは引き返して本州に帰ろうと思ってる」

Mさん「えーーーっ、帰っちゃうの〜もうちょっと北海道周って帰ろうよ〜どうせ無期限の旅なんでしょう〜どこかでまた飲もうよ〜」


って言われて


わたし「まあそうだねえ〜もうちょっと北海道周ってみるかあ〜」


ってことになってしまった



これがわたしの運命が変わった瞬間です


-----


今日はこのへんでお開きにします


お正月ももうすぐ終わりますね

TVがないからお正月っていう雰囲気はこの部屋にはなかったけれど・・・

ってことは、今までのお正月の雰囲気はTVが作ってたんだろうか?なんて考えてしまったりもする

でも「箱根駅伝」は観たかったなあ〜



ってことで、ちょっと風邪気味なので早めに寝ようと思います



ではまた



チャオ〜♪



にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村



   
posted by チャリダー詩人 at 20:24| Comment(0) | 2018帯広2年目の春待ち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする