2018年02月24日

続帯広150日目 −4℃な朝 飲みに行こうか



今朝は6時ごろ起きました


005.jpg


すっきり晴れてました


003.jpg


温かかったねえ


001.jpg
気温ベランダ −4℃ 6時半測定


モーニングコーヒー飲んで


008.jpg


7時20分ごろ駐車場に向かいました


DSC_0749.JPG


朝日が眩しかったねえ


DSC_0750.JPG


今朝の路面もちょっとヤバかったね、昨晩ちょっと降ったから


DSC_0751.JPG

DSC_0752.JPG


事故ってる車を見かけました

やっぱ朝の運転は要注意だ


今日の現場は市内でした

比較的楽な仕事でした

終わったのは15時くらい


DSC_0753.JPG


路面の雪はほとんど融けてました


週間予報を見てみると


名称未設定 1.jpg


3月1日からぐんと温かくなるようだ


もうすぐ春だ



ってことで、明日は休みなので飲みに行こうかと思ってます



どこへ行くかは気分しだいで



ではまた



チャオ〜♪



にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村



   
posted by チャリダー詩人 at 17:25| Comment(4) | 2018帯広2年目の春待ち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月23日

続帯広149日目 −13℃な朝 チャリ旅哲学「すべてが未定であるがゆえに」



今朝は6時ごろ起きました


007.jpg


朝焼けてたねえ


001.jpg


寒かったけど


006.jpg
気温ベランダ −13℃ 


連日−15℃超えだったから、これでも温かいと感じた

道民になったねえ


モーニングコーヒー飲んで


009.jpg


7時20分ごろ駐車場に向かいました


DSC_0740.JPG


雪が降ってきたんだよね〜


DSC_0741.JPG


予報通りだったけど


路面はめちゃ危ない状態だった


DSC_0742.JPG


信号でなにげにブレーキを踏んだら数メートル滑ってしまった(笑)

ちょっと焦った

前に車がいなかったから良かったが・・・

最近雪道にも慣れてきたから、油断していた

気をひきしめよう



今日の現場は市内でした

午前中は大雪でしたね、作業は中だったから良かったけど

それが昼からは嘘みたいに晴れました

降った雪が一斉に融けてました

これが帯広らしい天気だ

一日中曇りっていう日はめったにない、冬は


バイトが終わったのは早くて、15時くらい


DSC_0744.JPG


路面の雪はほどんど融けてた


DSC_0745.JPG


西日がまぶしかった


DSC_0746.JPG


帰ってから、疲れていたので、2時間くらい寝た


そしていま酒を飲みながらこの記事書いてます



さて、またつぶやいちまいました


-----チャリ旅哲学「すべてが未定であるがゆえに」


昨年の10月帯広に来たときは

これから迎える北海道の冬にワクワクしていた


それが2月になって春の兆しが見えはじめたころには、ちょっとマンネリになって

「なんか面白いことしたいなあ〜」

って思うようになった


でも特に面白いことは見つからなくて

中札内で住み込みバイトしていた新潟出身のカブバイカーと毎週のように帯広の街で飲み歩いたりしてた


そして夏になったらまた旅心が騒ぎはじめたので

エンペラーくんと北海道放浪の旅に出た


旅していれば放っておいても変化が訪れる

キャンプツーリングならば尚更

旅のなかで、次から次へと未開の地へと移動している限り

変化に飢えることはない

それが旅の醍醐味である


でも秋の寒さを感じて10月にまた帯広のこの部屋に帰ってしまって

それからはまたマンネリになった、2年目だから尚更


だからまた昨年のように

「なんか面白いことしたいなあ〜」

って思いながら、年を越してしまったのだが


1月末に車を買ってから、少しずつ生活に変化が表れて

その車で見にいった家をすぐに買ってしまって

それからはもう

マンネリどころか、慌ただしい変化にちょっと混乱してしまってるくらいだ


今夏はこの家の補修を楽しもうと思っているので

夏旅はしないであろう

たぶん(ちょっとするかもしれないが)


振り返ればわたしは、2011年に四国・九州を自転車で周ったときから

昨年の2017年まで7年間の間、夏は自転車旅で過ごしてきた

だから2011年から今まで、夏の暑い日をクーラーの効いた部屋で過ごす、もしくは汗にまみれて労働するなんてことを、ずっと経験してこなかった

わたしにとって夏は7年間の間、自転車旅の季節であったのだ


だから正直に言うならば、「チャリダー詩人」の言葉としては、ちょっと躊躇してしまうのだが

「自転車旅もマンネリ化してきたな」

なんて思ったりもする・・・


でも分からない

夏になれば「旅心」が騒いでくるのがチャリダーである

訓子府の家の補修が落ち着いたら

エンペラーくんの兄貴、ピナレロくんも実家から呼び寄せようとも思っている

フルカーボンのロードバイクで北海道の原野を駆け回ってみたいのだ


でも分からない

でもそれでいいのだ

すべては「未定」のまま

シュールなまま

時がすすんでゆくのが楽しい


そうであるがゆえに

変化がつづいてゆくがゆえに

「順調」であると感じるのだ


安心できるのだ


-----


ってことで、明日もバイトなので


早めに寝ます


早めに寝ると、翌日すんごい楽なのだ



ではまた



チャオ〜♪



にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村



posted by チャリダー詩人 at 20:04| Comment(0) | 2018帯広2年目の春待ち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする