2018年07月16日

訓子府45日目 屋根のペンキ塗り 大部分の平面部が塗れた ペンキローラーはノーマルがいい



今朝は7時ごろ起きました


006.jpg


カンカンに晴れてました


今朝の廊下


007.jpg



昨晩は道産の秋鮭を買いました


001.jpg


いつものように味噌バター焼きにして


003.jpg


食ったよ


004.jpg


言うまでもないけど

美味かったよ



さあ、今日は前日の予報に反して晴れたので


屋根のペンキ塗りすることにした


昨日ニコットで色々と買ったんです


008.jpg


まず靴、700円くらいだった


010.jpg


これで屋根に上って滑らないかどうか試してみた


011.jpg


まあいけるだろう、って感じ


靴底はあえて柔らかいのを選んだ


012.jpg


靴底が硬いのはトタン屋根では滑るのだ



ペンキを充填するタイプのイージーローラーが崩壊したので

今日からはノーマルタイプのローラーで塗らなきゃなんない


トレイを使ってローラーにペンキを馴染ませなきゃいけないんだけど


それをどうやって屋根の上でやるか考えた結果


016.jpg


このスタイルになった(笑)


右にバケット型トレイ


013.jpg


左にペンキを充填したワイン瓶と小さいうすめ液を入れた布袋


014.jpg


両方カラビナフックでベルト通しに吊るしてある


ローラーは昨日ニコットで買ったこのセットに付いてあるものと


017.jpg


この超荒面用ローラー


019.jpg


もふもふ度が高いローラーだ


021.jpg


これでトタンの凸った部分も塗れてしまうか試したかったので


このもふもふローラーを先に試してみた


023.jpg



話しは変わるが・・・


屋根のペンキ塗りをするに際して


ロープを多用するので色んな縛り方を覚えたかった


だからこの本をAmzonのKindleで読んで勉強した





基本は「もやい結び」を覚えて


もう一つはロープの途中に何かを吊るしたり、足を引っかけたりできるような輪を作る結び方です


025.jpg


実際はこの写真の結び方は間違っていたのだが(笑)


この輪を作れば何か吊るしたり、安全帯を引っかけたりできるので重宝するのだ


今回はズボンに引っかけて持って上がったトレイとペンキ瓶の袋をロープの途中に吊るした


028.jpg

031.jpg


これで身軽になるし、屋根上でもペンキの補充が楽になる


ロープの結び方は色々覚えると楽しいです、思ったより簡単に覚えられるのだ



いやあ〜しかしいい天気だなあ〜


032.jpg

033.jpg

036.jpg


青空と緑の木々とのコラボがテンションをアゲアゲにしてくれるのだ



そしてトレイでペンキをローラーに馴染ませて


037.jpg


塗り始めた


038.jpg


結構スムーズに作業が進んだ



う〜んでも、この超荒面用のもふもふローラーは思ったより使いにくい

もふもふが大きい分だけペンキもよく吸うので、馴染ませるのにたくさんのペンキが要る

そして凸部も完璧には塗りつぶせない


だから普通のローラーを使ってみることにした


一旦下りる


039.jpg


なんとなく屋根を触ってみた


040.jpg


この晴れの日差しでかなり熱くなってる

じっと手で触れないほど


ペンキをもっと薄くしようと思った



そしてノーマルのペンキローラーに代えて


041.jpg


屋根の下方を塗るので平たいトレイでペンキを馴染ませて


043.jpg


脚立はしごに乗って


045.jpg


塗ってみた


046.jpg


おお!こっちの方が塗りやすい


これからは平面部はこのノーマルタイプのローラーで塗ることにした


もう残り少しだけどね(笑)



塗り跡を見てみると


こっちがさっきトレイを使ってペンキを馴染ませるノーマルタイプのローラーで塗った跡


047.jpg


こっちがペンキ充填型のイージーローラーで塗った跡


048.jpg


一目瞭然でトレイを使うタイプの方が綺麗に塗れてる



ペンキ充填型のこのローラーは





確かにトレイを使わなくていいから便利なんだけど


まずローラーの形状に問題がある


端の部分にローラーの毛がないので、今回のわたしのように凸部がある屋根のトタンを塗った際には

凸部と凸部との間の端に「塗れない部分」が大きく残ってしまうのだ


あまり端までガチガチ押し付けて塗ってるとタンクのキャップが外れて落ちたりする

今回も何度落ちたことか


そして決定的な欠陥はその耐久性だ


昨日のブログを見てもらえば分かるが、数回ペンキを充填して塗っただけで毛の部分が破れてしまい

もう捨てるしかなくなる


まあ、使う用途にもよるだろうが、とりあえずトタン屋根塗りにはこの製品は適していないと思う


このイージーペイントローラーの開発者のみなさん、更なる研究をお願いします



ってことで、このローラーで屋根塗りを進めてゆきました


049.jpg

050.jpg

051.jpg

052.jpg



そしてお昼になったから休憩


053.jpg


今日は焼うどんを作って食いました



昼からは午前中に塗った部分が乾いてから塗りたかったので


それを待つ間に


台所の蛇口の交換をした


この今の蛇口は大変いいのだけど


055.jpg


噴出口が下過ぎて、洗い物のときとか、ちょっとシンクが狭く感じるのだ


だからこれを買った


054.jpg





噴出口が高くなってる


そして泡沫タイプである


057.jpg


交換した


059.jpg


いやあ下が広くなると使いやすいよね


061.jpg


泡沫タイプだから水も飛び散らない


水道の蛇口はこの泡沫タイプに慣れるとノーマルのは使えなくなる


そして以前のパイプは、というと・・・


063.jpg


このシュールな位置の蛇口に付けたのだ(笑)


このクネクネ式のパイプも泡沫タイプである


だからこんな風にして鍋に直接水を注いでも


065.jpg


飛び散らないのである


このシュールな蛇口はどんなときに使うかというと

たとえばラーメンの麺を茹でてザルに移したあと

すぐに水を入れなけば鍋に残ったヌメヌメが固まってしまう、ってときに

でもシンクには麺が入ったザルがあるので水は使いにくい

そんなときに重宝するのだ


ってどうでもいい話でした(笑)



昼からも屋根に上ってペンキ塗りしました


066.jpg

067.jpg

068.jpg


注文した安全帯がくればもっと楽に高い所が塗れる





明日の夕方届く予定だ


とりあえず今日の作業が終わった


069.jpg


まだ塗れていない平面部は


071.jpg


この煙突の下の部分と


三角の突き出した部分だけだ


072.jpg


でも平面部が終わってからが大変だ


凸部の周辺を小さいローラーかハケで塗りつぶしていかなきゃなんない


まだまだ屋根塗りはこれからだ



とりあえず今日はローラーをうすめ液で浸して密閉袋に入れて


073.jpg


道具を片づけて終了した



これからは晴れが続くので屋外の作業が捗りそうだ



頑張ろう



ではまた



チャオ〜♪



にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村




posted by チャリダー詩人 at 18:16| Comment(0) | 2018訓子府ハウス奮闘記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする