2019年09月13日

エンペラーくんのお掃除 庭テントの撤収 また新作書き始めました!! 



今朝は7時過ぎに起きました


001.jpg

002.jpg

003.jpg


昨晩新作アップしたから、ホッとしていつもより寝ちゃいました


004.jpg

005.jpg

006.jpg


いやあ、本を書くってねえ


007.jpg

008.jpg

009.jpg


下手な労働より疲れます


010.jpg

011.jpg



一旦、青空ハサミます


012.jpg

013.jpg


いやあ、マジで


014.jpg

015.jpg



モーニングコーヒー、ハサミます


DSCF5121.jpg



また新作書き始めましたよ


DSCF5122.jpg


書くことに生きがいを見出してます


ちょっと危ないよね



午後の台所


017.jpg

018.jpg



お昼はまたうどん


DSCF5125.jpg



いい天気だったなあ〜


019.jpg

021.jpg

022.jpg


寒くもなく、暑くもなく


023.jpg

024.jpg

025.jpg


日差し


026.jpg

027.jpg



新作、いい感じで進んでますよ


DSCF5126.jpg


次のテーマは


DSCF5127.jpg


これだ!


またチャリダー通信に戻ります



13時ごろコーヒー飲んで


DSCF5129.jpg


エンペラーくんのお掃除しました


DSCF5131.jpg


もう今年は乗ることもないだろうねえ

って思って


スプロケもちゃんと掃除して


DSCF5132.jpg


綺麗になったよ


DSCF5134.jpg

DSCF5135.jpg


今季もお疲れさま


DSCF5136.jpg


また来年も走ろうよ

わが友よ



そして庭テントを片付けました(笑)


DSCF5138.jpg


何のために立てたかよく分かりませんでしたが

立てっぱなしだと、テントが傷むんでね

とりあえずしまっちゃいました


夕方はまたビール飲んで


DSCF5139.jpg



晩飯は昨日と同じ


DSCF5141.jpg


豚バラのバター味噌炒め


DSCF5144.jpg


明日はチャップ系にしようかなあ〜



今は焼酎飲みながらこの記事書いてます


DSCF5146.jpg



色々考えます


秋も来て、寒くなってくると

「もう帯広に帰ろうか」なんてねえ


でもまだちょっと貯金もあるし

出来るだけネバちゃおうかな〜って


車でちょい旅に出ようかなあ、なんて思ったりもしますが

意味ねえなあ〜なんて・・・

夏を引き延ばすような旅は

しても虚しくなるだけだ、って

昨年、痛感したので


とりあえず、執筆を続けようと思ってます


そんな感じです


貯金が15万切ったら、帯広に帰って

労働します

それまでは・・・


まあ先のことは、考えずに


今を生きよう!


今を生きるのだ!中年よ!



ではまた



チャオ〜♪





電子書籍第6作「続チャリダー白書:旅人が家を持った日」出版しました!旅人が、旅の途中に、知らない土地で、家を買った話。無職となって故郷を発ち、浪々の末にたどり着いた北海道のある地で、家を買ってしまった男の体験記です。



電子書籍第1作「チャリダー白書:終わりのない旅を求めて」真の自由を追い求める47歳男の自叙伝です。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村
posted by チャリダー詩人 at 19:40| Comment(0) | 2019訓子府で作家デビュー編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

電子書籍第6作目「続チャリダー白書:旅人が家を持った日」販売開始になりました!



おはようございます!


峠三樹夫の電子書籍第6作「続チャリダー白書旅人が家を持った日」が販売開始になりました!





第一作目の著書「チャリダー白書:終わりのない旅を求めて」の続編という形ではありますが

あまりそこは意識していなくて、「家」をテーマにして書きました

この今いる訓子府の家のことだけではなくて、「なぜわたしは家を求めたのか、旅人が家を持つ意味とは」を一つの大きなテーマとして、体験記を通して、それを表現したかったのです

上手く表現出来たかどうかは、分かりませんが

読んでもらえたら嬉しいです!!


Amazonレビューもお願いします

ふふふ


-----内容紹介


旅人が 旅の途中に 知らない土地で 家を買った話

無職となって故郷を発ち、浪々の末にたどり着いた北海道のある地で、家を買ってしまった男の体験記です。

なぜ男は家を求めたのか、旅人が家を持つ意味とは

第一章:家を求めて
二〇一九年八月二八日 訓子府の家にて
ジプシーにはなれなかった
空き家バンクという制度
最初に見つけた物件
車がない生活を経験して
レンタカーで清里町へ
百万円の物件を見て
人気物件の行方は
また夏が来た
旅への想いはまだ
そしてまた夏が終わる
また労働が始まる
二つ目の物件
三つ目の物件
家主と連絡を取る

第二章:訓子府へ
人生が動き始めた二〇一八年
訓子府へと家を見に行く
雪道を走って
雪を被った家へ入る
下見を終わって
家を買うことが決まった日は
旅人が家を持った日
雪融けを待つ帯広で

第三章:わたしの新しい家
二〇一八年の春
新しい家の日
新しい家の二日目 水とテーブル
五月の頃、布団や家具が揃ってゆく
水が出ないトラブル
「呼び水」で水が呼ばれてくるか
新しい家の、初めて布団で寝た夜
五月の頃、二日目
五月下旬の頃、大量の荷物を積んで
この家を持つ意味とは
六月、新しい家の生活が始まる

終章:また秋が来て
新しい家の生活は
二〇一九年の自転車旅
初めての車旅は
新しい夏の終わり

追記エッセー:スズメ蜂の巣
大きな窓の軒下に


-----


ってなことで、第1作目を出してから二カ月余りで6作目まで来ちゃいましたが

まだまだ、ネタはたくさんありますので

どんどん書いてゆきますよ


執筆はわたしのライフワークですから


みんな読んでね〜♪



ではまた



チャオ〜♪





電子書籍第5作「チャリダー通信Vol.3 旅と酒」出版しました!楽しみである筈の酒によって翻弄され、変容してゆく旅をリアルに描いた体験記です。



電子書籍第1作「チャリダー白書:終わりのない旅を求めて」真の自由を追い求める47歳男の自叙伝です。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村
posted by チャリダー詩人 at 08:31| Comment(0) | 2019訓子府で作家デビュー編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする