2020年03月17日

執筆とフィットネスな日 人間とは面倒くさい生き物である



今朝は8時ごろ起きました


P_20200317_083416_1.jpg


明るかった


P_20200317_083421_1.jpg


春が近づいてきたねえ


午前中はけっこう執筆出来ました


P_20200317_112819_1.jpg

P_20200317_172210_1.jpg
97ページ 37485文字まで


昼頃にジムへと出掛けたのですが


まず「味の一丁目」に飯を食いに行きました


P_20200317_124908_1.jpg


醤油ラーメンと梅おにぎりを注文しました


P_20200317_123659_1.jpg


おにぎりが超デカかった(笑)


P_20200317_123703_1.jpg


ラーメンはあっさり系で美味かったが

他の客が注文していたカツ丼がエグいくらいにボリューミーで

それを見て、次はあれを頼もうと思った


そしてジムへ


P_20200317_131908_1.jpg


いい汗かきました


P_20200317_141112_1.jpg


家に帰ったのは17時ごろ


P_20200317_170026_1.jpg

P_20200317_170047_1.jpg


帰宅ビール


P_20200317_171427_1.jpg


今晩はこれを買って来た


P_20200317_184206_1.jpg


豚野菜炒めだ


P_20200317_184346_1.jpg

P_20200317_185229_1.jpg


いやもう、めちゃ美味かった



今は焼酎飲みながらこの記事書いてます


P_20200317_194122_1.jpg



-----今書いている「続続チャリダー白書」からの抜粋


人間とは面倒くさい生き物である。

暑さにも寒さにも弱くて、風が強いと文句を言い、全くなければ蒸し暑いと、また文句を言う。

でもそんな人間であることはどうしようもない、わたしは修行僧のようにはなれない。

だから快適な場所を求めて、ひたすら走るのみである。
 
明日は海に行こう、そう決めて寝袋に入った。



明日は労働です

山ですが



ではまた



チャオ〜♪





電子書籍第6作「続チャリダー白書:旅人が家を持った日」旅人が、旅の途中に、知らない土地で、家を買った話。無職となって故郷を発ち、浪々の末にたどり着いた北海道のある地で、家を買ってしまった男の体験記です。



電子書籍第1作「チャリダー白書:終わりのない旅を求めて」真の自由を追い求める47歳男の自叙伝です。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村
posted by チャリダー詩人 at 20:01| Comment(0) | 2020帯広で春を待つ生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする