2020年06月02日

体調が悪い 季節の変わり目に来る持病が



今朝は5時半ごろ起きました


P_20200602_053552_1.jpg


曇りなのでちょっとひんやりしてた


出勤


P_20200602_072000_1.jpg


朝の列車


P_20200602_072012_1.jpg

P_20200602_072015_1.jpg

P_20200602_072155_1.jpg

P_20200602_072213_1.jpg



今日の現場は中札内でした


P_20200602_082341_1.jpg


昼までは曇り空でしたが


帰るころには日が差してきました


P_20200602_163149_1.jpg


家に帰ったのは17時半ごろ


P_20200602_170901_1.jpg

P_20200602_171551_1.jpg

P_20200602_171015_1.jpg


帰ったら

フィットネスもせずに


P_20200602_172854_1.jpg


レモンハイボール


晩飯は


P_20200602_190202_1.jpg


焼鮭定食



いやあ、体調悪いです

季節の変わり目には、必ず来るわたしの持病です


唇と、ある部分が(公の場ではいえません)爛れるという疾患です

一週間もすれば良くなるのですが

あと数日は憂鬱な日々になるでしょう


まあ、持病とは仲良くしていかなければなりません


もちろん医者にも行かず、薬も飲みません

自然治癒力に任せるのが一番です

持病ですから(ふふふ)


ってことで、今晩は酒もほどほどにして

寝よう



明日も労働です

ではまた



チャオ〜♪





電子書籍第6作「続チャリダー白書:旅人が家を持った日」旅人が、旅の途中に、知らない土地で、家を買った話。無職となって故郷を発ち、浪々の末にたどり着いた北海道のある地で、家を買ってしまった男の体験記です。



電子書籍第1作「チャリダー白書:終わりのない旅を求めて」真の自由を追い求める47歳男の自叙伝です。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村
posted by チャリダー詩人 at 19:38| Comment(0) | 2020帯広で春を待つ生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする