2020年07月01日

帯広を出ると決めた日 訓子府へ



今朝は7時半ごろ起きました


P_20200701_073004_1.jpg


やっと暖かくなった


さて、今日はニートの初日

訓子府へ行く日です

いつもなら、少量の荷物を持って移動するのですが

今回は違います


P_20200701_074932_1.jpg

P_20200701_074938_1.jpg

P_20200701_075031_1.jpg


この部屋の荷物をすべて

訓子府に持って行くことにしました


そう、この帯広の部屋を引き払うことを決めました


迷いはない、といえば嘘になりますが

もうどうしようもなく、この変化は始まってしまいました


先のことはどうなるか分かりませんが

とにかく出るしかない

そんな気持ちになりました


しっかし、予想外に荷物が多い


P_20200701_122630_1.jpg

P_20200701_122624_1.jpg

P_20200701_122620_1.jpg



最初はどこから片付けていいか分からなくて

考え込んでボーっとしてました

よくぞこの4年間にここまで、無駄な荷物を増やしたもんだと

自分に呆れてしまった


昼飯はカップうどんとおにぎり


P_20200701_130640_1.jpg


結局すべての荷物を車に載せるのは無理で

バモスの荷台がパンパンになったら諦めて

出発しました


P_20200701_143947_1.jpg


掃除も含めてあと2回は往復することになるだろうね


P_20200701_145219_1.jpg


本別


P_20200701_154119_1.jpg


足寄


P_20200701_155924_1.jpg


そして訓子府に入る


P_20200701_165542_1.jpg

P_20200701_165645_1.jpg

P_20200701_165651_1.jpg


赤い三角屋根の我が家に着いた


P_20200701_170749_1.jpg

P_20200701_170753_1.jpg


家の周りも庭も草がぼうぼうだった


P_20200701_170848_1.jpg


GWのころにはなかったのに

植物の繫殖力は怖ろしい


とりあえずパンパンに積んできた荷物を下ろす


P_20200701_172301_1.jpg

P_20200701_172310_1.jpg

P_20200701_173328_1.jpg


下ろすだけで疲れる

とりあえずすべての荷物を下ろしたら

片付けはあとにして

街に買い物に行く


帰ったらすぐにビール


P_20200701_194031_1.jpg


それから風呂に入って


P_20200701_205433_1.jpg


またビール


P_20200701_205527_1.jpg


晩飯は


P_20200701_210650_1.jpg

P_20200701_210654_1.jpg


焼そばを作った


P_20200701_211427_1.jpg


今は日本酒飲みながらこの記事書いてます


P_20200701_223115_1.jpg



静かです


P_20200701_223533_1.jpg


何の音も聞こえません


48歳ニートの夏が

静かに始まりました


乞うご期待


明日も忙しい日になる


そろそろ寝よう



ではまた



チャオ〜♪





電子書籍第6作「続チャリダー白書:旅人が家を持った日」旅人が、旅の途中に、知らない土地で、家を買った話。無職となって故郷を発ち、浪々の末にたどり着いた北海道のある地で、家を買ってしまった男の体験記です。



電子書籍第1作「チャリダー白書:終わりのない旅を求めて」真の自由を追い求める47歳男の自叙伝です。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村

posted by チャリダー詩人 at 22:48| Comment(0) | 2020訓子府で生きてゆく編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする