2020年11月01日

窓に雪割れ防止の板を張るための枠を付けた 路傍の巨木を拾いに行く



今朝は7時半ごろ起きました


001.JPG


昨晩は渡世人のMさんから電話があって

話しながらつい飲み過ぎました


003.JPG

004.JPG

008.JPG

006.JPG


朝一番の作業は


010.JPG


雪割れ防止の板を張るための


011.JPG


枠だけ取り付けた

後にこれにベニヤ板を張り付けるのだが

それをしないと、屋根から落ちる雪の跳ね返りの衝撃でガラスが割れる恐れがあるのだ

でも板を張るのは

阿寒に出る直前にします

板張っちまったら

外見えなくなるもんね(へへへ)


台所の窓はもう張り付けちまった


013.JPG


どうせスリガラスだから



それから新たな薪を集めに出発


017.JPG

018.JPG


近隣にたくさん眠ってるぜえ


019.JPG

021.JPG


これぞ田舎


切って


022.JPG

023.JPG


切って


024.JPG

025.JPG

026.JPG


白樺の巨木も切りまくる


027.JPG

029.JPG


綺麗に広い去ったが


031.JPG


まだあだあるぜえ


032.JPG


とりあえず切った分を積み込んで


033.JPG


ハッチを開けたまま帰途へ


037.JPG


遠くに見えるは冠雪の大雪山


035.JPG


美しいよねえ



帰ったらとりあえず下ろして


039.JPG


昼飯


041.JPG


冷凍チャーハン


045.JPG



それから持って帰った分を料理する


046.JPG

047.JPG


いやあ、今回の木は水分満タンで手ごわい(汗)


048.JPG

049.JPG


縦割り


050.JPG

052.JPG

051.JPG


これだけ長い薪でも縦割りで行けるかどうか試してみたら


054.JPG


やっぱ無理だった(笑)


055.JPG


っていうかこの木は手強過ぎた


でもたくさん作った


058.JPG

057.JPG

063.JPG


阿寒に行く前にどれだけ備蓄出来るか

明日も路傍の薪を拾いに行こう

まだ白樺の巨木は残ってるけど


いやあ疲れた


062.JPG


仕事辞めてから太ると思ってたけど

逆に痩せました


薪痩せですね


薪集めダイエット


ふふふ



でも薪ストーブの暖かさって


065.JPG


母親のような愛を感じるよねえ(松山の母ちゃん元気かなあ)



晩飯は


067.JPG


野菜炒め



今はパンイチTシャツで焼酎飲みながらこの記事書いてます


P_20201101_194433.jpg



連日のように薪集めしていますが

この薪って実は

今年は使えないんです(そうなんだよ)


薪って半年から1年くらい乾かさなきゃいけないんで


だから今年使う薪は、津別から調達してきたやつで終わりなんです

あと一ヶ月も持たないでしょう(マジです)


薪の消費量って

ほんと半端ないっす


北海道の冬を薪だけで越えようと思ったら

恐らく

このリビングが満杯くらいになる薪が必要になるでしょう(座る所もないくらいに)


だから

もうすぐ始まる阿寒湖のリゾバは

いいタイミングだったんじゃないでしょうか(なるほど)


人生って

うまいこと出来てるんです(ふふふ)


でも来年のために

もっともっと

薪を集めなきゃなんない


そしてそれは

路傍に転がっている


ロマンがあるよねえ

薪で生きるって


ふふふ


明日も拾いに行くぜ

路傍の男として



ではまた



チャオ〜♪





電子書籍第8作「続続チャリダー白書:夏の自叙伝」出版しました!ある気付きを得て、旅人の心に変化が起きた。いい知れぬ焦りに導かれて走り続けた夏の終わりに旅人がたどり着いた境地とは。真の自由を追い求めて煩悶した、夏の自叙伝です。



電子書籍第1作「チャリダー白書:終わりのない旅を求めて」真の自由を追い求める47歳男の自叙伝です。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村
posted by チャリダー詩人 at 20:12| Comment(6) | 2020訓子府で生きてゆく編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする