2021年01月31日

訓子府に帰ったよ 天国から煉獄へ



今朝は8時ごろ起きました


001.JPG


朝の湖


050.JPG

051.JPG

053.JPG


雪はすっかり止んでました


058.JPG

059.JPG



さあ、退去の日です


056.JPG

057.JPG


荷物を片付けて


ホテルを出たのは11時ごろ


003.JPG

006.JPG


さらば阿寒よ


007.JPG

009.JPG


路面はツルツルです


011.JPG

012.JPG

013.JPG


40キロくらいで走って

後ろに車が来たら、ウィンカーを出して先に行かせる

これが雪道を無難に走る極意です


津別に入るころに曇ってきた


014.JPG


津別の街の「西洋軒」で


P_20210131_124438.jpg


餃子ラーメン(塩)を食った


P_20210131_123414.jpg


美味かったよ



空が益々暗くなってきた


015.JPG


ついに降ってきた


016.JPG


訓子府に入った


017.JPG


雪が強くなる


018.JPG


そして我が家に着いた


019.JPG


唖然とした


021.JPG


雪が腰くらいまで積もってる(笑)

ある程度予想はしていたが、予想以上だった


でもぼうっとしてても仕方がない


022.JPG


意を決して雪に飛び込む


そしてガレージ倉庫へ


023.JPG


雪かきアイテムをゲットする


025.JPG


そして掘り進む


026.JPG

027.JPG


なんとか車が道路から逃れるスペースを確保


028.JPG

030.JPG


でもこれでは玄関から遠い


更に掘り進む


031.JPG


玄関近くまで車を入れることが出来た


032.JPG


それから荷物を降ろす


034.JPG


終わったら薪ストーブに火を熾す


037.JPG


何もかもガッチガチに凍ってます


038.JPG


水道管は落としてあるので大丈夫だったが


041.JPG


蛇口は凍っているのでお湯をかけて融かす


いやあ、忙し過ぎる


042.JPG

045.JPG

046.JPG


それから街まで買い物に行って

風呂に入って


047.JPG


晩飯

何も作る気がしなかったので寿司を買った


今は焼酎飲みながらこの記事書いてます


060.JPG



いやあ、疲れた

雪かきでヘトヘトになりました


阿寒湖ホテルの天国から

訓子府ハウスの煉獄へと移ってしまったのですが


でも見方を変えれば

あのホテルの部屋が「拘置所」だとすれば

この家は「シャバ」だともいえる


実際に、ある意味、あの部屋は拘置所でした

安逸という名の拘束があの部屋にはあった


ここに拘束はない

自由という名の試練がある


安逸を求めて囚われの身になるか

自由を求めて野に駆け出すか


でも

囚われの安逸も悪くないかなあ(えへ)

だってあのホテル楽しかったから(ほほほ)


でも仕方ない

シャバに出ちまったから


阿寒湖のリゾバ楽しかったなあ

いい体験出来たよねえ

そしてこれからどうするかなあ


とりあえず明日は車検を受けに行きます

またお金が減ります(笑)


もう余裕は10万くらいしかありません

でもまあ

なんとかなるでしょう



なるようにしかならない

つまり

なるようになる

のが人生だ




ではまた



チャオ〜♪





電子書籍第8作「続続チャリダー白書:夏の自叙伝」出版しました!ある気付きを得て、旅人の心に変化が起きた。いい知れぬ焦りに導かれて走り続けた夏の終わりに旅人がたどり着いた境地とは。真の自由を追い求めて煩悶した、夏の自叙伝です。



電子書籍第1作「チャリダー白書:終わりのない旅を求めて」真の自由を追い求める47歳男の自叙伝です。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村
posted by チャリダー詩人 at 21:31| 2020阿寒湖でリゾバ編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする