2021年04月24日

帰っちゃった訓子府16日目 薪スタンド完成! 明日から屈斜路バイト



今朝は7時半過ぎに起きました


002.JPG


早起き出来なかったなあ

なんかダルかったのと

寒かった


003.JPG

004.JPG


曇ってました


005.JPG

006.JPG


007.JPG

008.JPG

009.JPG

010.JPG


コーヒー飲んで少しまったりしてから


薪スタンドの続きに掛かる


013.JPG


背面最下段のガイドを付ける


014.JPG

016.JPG


これで背面のガイドは完成した


次は横面


019.JPG


材料を切って


020.JPG


留めてゆく


024.JPG

025.JPG


切っては


027.JPG

029.JPG

031.JPG


留めて

片面完成


032.JPG


次は反対側


034.JPG

037.JPG


これですべてのガイド板が付け終わった


039.JPG

040.JPG

041.JPG


でもまだ終わりじゃないんだなあ


ここで昼飯


042.JPG


今日はカップ焼きそば


045.JPG


午後のコーヒー


047.JPG



屈斜路バイトの準備をしました


050.JPG


一瞬で終わったけど



そしてまた薪スタンド再開


051.JPG


背面のガイド板を補強するために一本板を張る


053.JPG


こんな感じで一本通す


057.JPG


出来ました


059.JPG



次は台座の横木を補強材に留めるのと


062.JPG


さっき張り付けた背面の補強材にガイド板を留める


063.JPG



068.JPG

071.JPG

074.JPG


そしてついに


075.JPG


チャリダー式薪スタンド、完成しました!


077.JPG

080.JPG

082.JPG

083.JPG

084.JPG

086.JPG

088.JPG


総工費1万8千円くらい

制作日数6日

サイズ:W1830×D880×H1600



巨大な薪スタンドがやっと出来上がりました

いやあ、疲れた

終わってホットした


しかし、これからも一仕事あって(まだあんの)


このクッソ重いスタンドをここの部屋の隅に


092.JPG


移動させなきゃなんない

まずはこの薪を片付けて


094.JPG


落ちた木の屑などをお掃除してから


厚めの絨毯を敷いて(帯広の部屋で使ってたやつ)


095.JPG


片方ずつ持ち上げながら、少しずつ移動させてゆく


097.JPG

099.JPG


こういうとき、ほんと誰か一人欲しくなる


でも意外にすんなり入った


101.JPG


空気が通るようにバックとサイドは少し空けて


103.JPG

106.JPG


そして薪を置こうと


109.JPG

110.JPG


したところで大事な作業を忘れていることに気付いた


足の下にこのツーバイの端材を敷くのを忘れてた


112.JPG


これをしないと、重さで足が床にめり込む恐れがあったから


一番奥の足は苦労したなあ


117.JPG


一度このスタンドを傾けて、下に潜り込むような危険な作業もしました

下敷きになったら大怪我必至です


でも無事終わって


118.JPG


薪をざっと並べました


122.JPG

123.JPG


きっちり詰めて置けば、この量なら一段に納まってまだスペースが空くくらいです

早く薪集めしてこのスタンドを一杯にするのだ


しかし終わってホットした



今日は筋トレは休んで

髪をバリカンで刈って

風呂入って


125.JPG


ビール


晩飯は


129.JPG


冷凍チャーハン


126.JPG
冷凍ものでも野菜を増量するのだ


132.JPG



今は焼酎飲みながらこの記事書いてます


136.JPG



さあ、いよいよ明日から3泊4日の屈斜路バイトです

朝は早めに出ます

雪の予報だからちょっと心配ですが

ゆっくり走ってゆきます


泊まりの部屋が同僚と一緒なので

期間中はブログ記事が書けないか、すごく簡素になるか

いずれにしてもご容赦ください


この時期の屈斜路湖は冠雪した山を背景にして

すごく綺麗なんだよねえ

写真が撮れたらアップします



ではまた



チャオ〜♪




nandemo1.png

チャリダー詩人と会話しよう!
ご予約お待ちしてます




電子書籍第8作「続続チャリダー白書:夏の自叙伝」出版しました!ある気付きを得て、旅人の心に変化が起きた。いい知れぬ焦りに導かれて走り続けた夏の終わりに旅人がたどり着いた境地とは。真の自由を追い求めて煩悶した、夏の自叙伝です。



電子書籍第1作「チャリダー白書:終わりのない旅を求めて」真の自由を追い求める47歳男の自叙伝です。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村
posted by チャリダー詩人 at 20:43| 2021訓子府で生きてゆく編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする