2023年01月06日

湖畔で労働生活71日目 心が物質化した肉体をまとって



今朝は6時ごろ起きました


002.JPG



朝の湖


P_20230106_072154.jpg

P_20230106_072159.jpg

P_20230106_072205.jpg


比較的暖かかった



朝の労働が終わったのは12時ごろ


P_20230106_120244.jpg


昼飯は


003.JPG


セコマの塩焼きそば


006.JPG


いやあ、この塩焼きそば

ネギたっぷりでマジ美味いよね

気に入ったら飽きるまで食う

俺はそういう男だ



そして寝ました



晩飯は


007.JPG


塩麴漬けの手羽先を


009.JPG


蒸しました


011.JPG


なんか・・・


014.JPG


塩がいまいち効いてなかったというか

漬けこみが足らなかったのかなあ

更なる研究が必要だ



そして夜の労働に行って


P_20230106_171341.jpg


終わったのは21時半ごろ


P_20230106_220344.jpg



温泉入って帰ってビール飲んで


016.JPG


今は焼酎飲みながらこの記事書いてます


019.JPG



いやあ、連勤が続いて

かなり疲れも蓄積してます


でもたぶん

明後日が休みになる予定です


まあでも

限界ってほどでもない



俺みたいな峠越え好きのチャリダーにとっては

限界ってのがなかなか難しい

心も体も完璧にポキッ、と折れる瞬間って

どこなんだろうね


唯一あったとすれば

あの乗鞍岳越えの時かなあ

あれはマジで限界寸前だったかも


でも越えちゃったから

それも大丈夫な経験値としてインプットされちまってる


結局「限界」ってのは

嫌になったその時が限界点なんだよねえ


そういやあ、限界点いっぱいあったなあ(笑)

いっぱい辞めてきたし(それもいきなり)


だから結局は体じゃなくて

心の問題かもねえ



肉体

心が物質化したその肉体をまとって

生きてます




ではまた



チャオ〜♪



nandemo1.png

チャリダー詩人と会話しよう!
ご予約お待ちしてます




電子書籍第8作「続続チャリダー白書:夏の自叙伝」出版しました!ある気付きを得て、旅人の心に変化が起きた。いい知れぬ焦りに導かれて走り続けた夏の終わりに旅人がたどり着いた境地とは。真の自由を追い求めて煩悶した、夏の自叙伝です。



電子書籍第1作「チャリダー白書:終わりのない旅を求めて」真の自由を追い求める47歳男の自叙伝です。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村
posted by チャリダー詩人 at 23:40| 2023湖畔で春を待つ労働生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする