2023年01月24日

湖畔で労働生活89日目 雪がちょっと積もった 高低はないが、肯定しかない



今朝は6時過ぎに起きました


001.JPG



昨夜降り続いた雪が積もってて

車で出勤を断念して


P_20230124_063941.jpg


歩いてゆきました



朝の労働が終わったのは12時ごろ


P_20230124_120050.jpg


昼飯は


003.JPG


スーパーカップの豚キムチとおにぎり



そして寝ました



晩飯は


006.JPG


また塩麴漬けの手羽元を玉ねぎたっぷりで蒸して


007.JPG


美味しく頂きました


009.JPG



そして夜の労働に行って


P_20230124_165258.jpg

P_20230124_165408.jpg

P_20230124_165547.jpg


終わったのは22時ごろ


011.JPG


温泉入って帰って黒ラベル飲んで



今は焼酎飲みながらこの記事書いてます


014.JPG



まあなんだかんだ

楽しく労働してます


いいんじゃない

こんな感じで


深く考えることはない

生きてりゃそれでいいんだ


しょせん人生だから



テキトーな活動を何かしら怠惰ではなく

忙しい感じにアレンジして楽しめたなら

もうそれでいいんじゃないか


上も下もない

高も低もない

ただフラットな地平を歩いているだけだ

旅のように

誰もが


高低はないが

肯定しかない

そういう行程だ

人生は



明日も労働頑張ります



ではまた



チャオ〜♪



nandemo1.png

チャリダー詩人と会話しよう!
ご予約お待ちしてます




電子書籍第8作「続続チャリダー白書:夏の自叙伝」出版しました!ある気付きを得て、旅人の心に変化が起きた。いい知れぬ焦りに導かれて走り続けた夏の終わりに旅人がたどり着いた境地とは。真の自由を追い求めて煩悶した、夏の自叙伝です。



電子書籍第1作「チャリダー白書:終わりのない旅を求めて」真の自由を追い求める47歳男の自叙伝です。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村
posted by チャリダー詩人 at 23:55| 2023湖畔で春を待つ労働生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする