2013年09月17日

旅の記憶 久米島シンリ浜海浜公園 リーフが隔てる内海と外海の美しさ



那覇の喧騒を逃れて渡った久米島。キャンプ無料だったので向かったシンリ浜海浜公園。そこで見た海は今まで見たことのない、幻想的な美しい海だった。

P7311577.jpg

内海と外海がリーフで綺麗に分かれている。これほど綺麗に内外が分かれている海はこの久米島シンリ浜が随一だと思います。

P7311530.jpg

P7311535.jpg

内海はとても穏やか、外海は激しい波がリーフに打ち付ける。

P7311542.jpg

P7311545.jpg

P7311546.jpg

P7311548.jpg

P7311550.jpg

P7311551.jpg

P7311560.jpg

P7311568.jpg

干潮時にはリーフまで歩いてゆける。リーフは草が生えているので遠くから見ると土の大地のよう。しかし実際は珊瑚の死骸の体積、沖縄特有のゴツゴツした岩です。

外海はとても泳げるような海ではなく、激しい波が逆巻く荒々しい海です。写真を撮りたかったのだが、カメラが防水ではなかったので持っていけなかった。やっぱり防水カメラは沖縄では必須ですね。

リーフに立って内海、外海を双方眺めると不思議な気持ちになります。これが同じ海岸の海なのかと、頭がクラクラするような幻想的な感覚に襲われます。

でもそんな海に浸り過ぎて潮の満ち干を忘れると海岸に帰れなくなるので注意。わたしも危なかったです。内海は横の流れは早いので油断すると流されます。足が付くうちに帰りましょう。

P7311570.jpg

最高にメルヘンな海、久米島シンリ浜。おすすめよ❤


アウトドア&スポーツ ナチュラム


posted by チャリダー詩人 at 19:44| Comment(0) | 2013九州沖縄の旅 旅の記憶 感動編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。