2014年06月06日

ブレーキワイヤーを交換 アウターを黒から黄色へ


昨年の旅で劣化したブレーキワイヤーを交換するのだ

DSC_0135.JPG

トップチューブの上のワイヤーは落ちる汗でかなり汚れて劣化している。

DSC_0138.JPG

DSC_0139.JPG

アマゾンのあわせ買いで安く仕入れたアウターとインナーのワイヤーと赤のエンドキャップ

インナーはフロントが1m、リアが2m。アウターは1.8m。アリゲーター製が一番お得です。

DSC_0137.JPG

まず古いワイヤーを外して

DSC_0144.JPG

アウターは古いものと同じ長さに切る

DSC_0145.JPG

DSC_0169.JPG

ホーザンのワイヤーカッター。ワイヤーカッターは必須アイテムです。安いペンチやニッパーなどではインナーはササクレるし、アウターは穴が潰れてしまう。

DSC_0143.JPG

新しいインナーを入れてゆく。ランドナーはバーテープを外さなくてもワイヤー交換が出来るから楽だ。

DSC_0149.JPG

カンチブレーキに通して

DSC_0152.JPG

片方完成!すごく早い。そしてもう一方へ、同じくアウターを切る

DSC_0153.JPG

ここで重大なことに気付いた!アウターキャップが2個足らない・・・💧
アウターワイヤーにはキャップが付属で4個付いているのだが、実際は6個必要なのだ。

DSC_0155.JPG

ひとまずアサヒにネットで注文して、仮止めとして反対側も付ける

P6060014.JPG

DSC_0159.JPG

すごくオシャレな感じになったね❤

DSC_0172.JPG

トップチューブ上は良く目につくから綺麗なワイヤーになるとテンションが上がる⤴

後はアウターキャップが届くのを待って、それから仕上げです!


追記:アウターキャップはすごく大事❗

DSC_0176.JPG

シートポストの下のこの部分のアウター受けは、アウターキャップを入れないと、裸のままではカンチブレーキが上手く動きません。

アウターキャップはそれだけ仕入れるのは送料の問題で難しいので、何かと合わせて買える時に多めに揃えておきましょう。



アウトドア&スポーツ ナチュラム



posted by チャリダー詩人 at 16:04| Comment(0) | チャリンコメンテナンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。