2015年06月09日

エンペラーのブレーキシュー交換 タックス ブレーキシューチューナーはなかなか使える


昨年の旅ですり減ったブレーキシューを交換します。

後輪のカンチブレーキのブレーキシューです。左が新品です、かなりすり減っております。3000キロでこんな感じになります、荷物の重さにもよるでしょうが。


P6090010.jpg


交換作業に入ります。ブレーキを解放してから


P6090007.jpg


今回はこれを使いますタックス ブレーキシューチューナー。ちょっと高いので考えましたが買っちゃいました。カンチのブレーキシューの調整はいつも手間取るので。


P6090012.jpg


Tacx(タックス) BRAKESHOE TUNER


使い方は簡単、このチューナーをリムに挟み込んでネジを締めて固定する。後はこのチューナーのリムの上の限界線(凸になってる)に合わせてブレーキシューを固定してネジを締めるだけ。


P6090016.jpg


カンチブレーキのブレーキシューはグラグラして位置決めが難しく、決めたつもりでもネジを締めるときにまたズレたりしてかなりイライラします。

わたしはこのチューナーのリムの上の限界線(凸になってる)に思いっきりブレーキシューを持ち上げるようにして位置を固定します。そうしなければシューの位置が下気味になります。


バッチリ取り付けました


P6090023.jpg

P6090022.jpg


前輪のブレーキシューはそれほど減ってなかったので、予備を持っていって必要ならば旅中に換えようと思います。ブレーキシューも2個で1000円くらいするから使い切らないともったいない。


P6090019.jpg


このブレーキシューチューナーはなかなか使えると思います。無いよりはあった方が格段に作業が早い。旅にも持って行きます、軽いので。

自転車屋さんはレンチとアーレンキーだけでスイスイ〜と数秒で調整してますが、あれはプロだからできる技です。


にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ
にほんブログ村


アウトドア&スポーツ ナチュラム



posted by チャリダー詩人 at 12:59| Comment(0) | チャリンコメンテナンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。