2016年06月20日

今まで自転車で行った日本の最端、最高峰


「チャリエッセー」などでたまに偏屈なことを述べているわたしであるが、メジャーな場所にもそれなりに行っているのです。

以下に今まで自転車の旅で行った日本の最端、道路の最高峰を並べて振り返ってみました。



日本最北端:宗谷岬 2012年8月 ロードバイクアンカーRA5にてパニアバッグ2個装備




1522.JPG

1523.JPG

1525.JPG


ここはバイカー、チャリダーが目指す一番メジャーな目的地ではないでしょうか。実際バイカーとチャリダーがかなり多くたむろしていました。

普通に平地を走っていてたどり着ける場所なのでチャリダーにも易しい、それだけにもの足りない感はあるが・・・。景観はこれといって特徴のない海岸の眺めです、岬といっても崖の上でもない平地の岬なので。



日本最東端:納沙布岬 2012年8月 ロードバイクアンカーRA5にてパニアバッグ2個装備




666.JPG

659.jpg

661.JPG




ここもメジャーな場所です、宗谷岬と同じく普通に平地を走ってたどり着けます。岬の景観としてはちょっと物足らない感があり同じ北海道でも襟裳岬や能取岬や神威岬のようが断然良かった。でもここにたどり着くまでの根室半島の景色は素晴らしい。



本土最南端:佐多岬 2011年8月 ロードバイクアンカーRA5にてフロントバッグ、シートピーラーバッグ装備




172.JPG

199.JPG

203.JPG


ここもメジャーな場所なのだが、ここにたどり着くまでの行程は自転車ならば相当キツい、勾配差の激しいアップダウンの連続です。チャリダーは覚悟して行かなければならない。

ほんとうの最端の岬まではいけないが、その岬の灯台が見えるところまでは歩いてゆける。景観はすごく良い、風が強くて岬の荒々しい雰囲気を存分に堪能できる。



アスファルト道路最高峰:乗鞍岳畳平付近 2014年8月 丸石エンペラー(ランドナー)がっつりキャンピング装備 




P7311289.JPG

P7311298.JPG
マイカー規制ゲートは17時に閉まります

P7311292.JPG

P7311293.jpg
峠は長野と岐阜の県境になっています




ここはチャリダーにとっては最高の聖地だと思います、なぜってここはバスやタクシーの公用車以外は通れない「マイカー規制ゲート」のなかにあるからです、もちろんバイクも通行不可、しかし自転車はオッケーなんです!この自転車特権でアスファルト道路の最高峰まで走って行けるのだからもうここはチャリダーにとっては最高の聖地です。

しかしそれだけに行程はハンパないので覚悟して行かなければならない。平地の一番下からマイカー規制ゲートまで約15キロ、マイカー規制ゲートからも頂きまでは約14キロもある、合わせると上り坂の全行程は30キロ近くにもなる。

しかしほんとうに恐ろしいのは、距離でも勾配でもタイムリミット17時を過ぎて閉まったゲートでもなく、日没です。その恐ろしい思いをした顛末は以下に記してありますのでお暇な方は読んでださい。

旅の記憶 乗鞍岳走破!トラウマ的達成感

わたしが到着したのは日没間近だったので山からの景色を拝むことはできませんでしたが、晴れた日中であれば2000メートル級の峰からの最高の景色を楽しめると思います。



国道最高峰:渋峠付近 2015年8月 丸石エンペラー(ランドナー)がっつりキャンピング装備




2570.JPG
この日は石碑は工事中でした

2547.JPG
群馬と長野の県境に建つヒュッテ

2575.JPG


ツーリング道としては景観、距離ともに日本屈指の国道292号志賀草津線の渋峠、その頂き付近に日本国道の最高地点を示した石碑が建てられてある。

この石碑がある地点は特にどうってことはないけれど、この志賀高原から渋峠を越えて草津へと続く道の景観が素晴らしい。晴れの日であれば最高の景観を堪能しながら爽快なツーリングを楽しめます。

2015旅の記憶 自転車の聖地、渋峠はやっぱり凄かった!

距離は長いが勾配はそれほどキツくはない、途中のドライブインで食事もできるしロープウェイで上って白根山を拝むこともできる。チャリダーならば絶対に行って欲しい場所です。



以上、わたしが行ったことのあるいわゆる最端、最高峰の5か所です。

まだ最西端と日本最南端の八重山諸島には行ったことはないが、別にこれから目指そうとも思っていない。

八重山諸島は飛行機でしか行けないから自転車の旅とは趣旨が離れるし、本土最西端といっても長崎のごちゃごちゃした半島と島との、どこまで行けば最西端に行ったことになるのかよく分からない。

確かに「最」と名の付く所へ行けば自慢の種にはなりますが、それよりは「自転車でそんなとこよく行くよな〜」って言われそうな「秘境」「難所」に行ってみたいのです。





たとえばこんな風に↑↑↑寸断された道路が多い地点とか怖いけど行ってみたいです、野反湖は昨年行きました。

とにかく自転車と共に眺める景色を楽しんで走りたいと思います、今年も


にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ
にほんブログ村


アウトドア&スポーツ ナチュラム


posted by チャリダー詩人 at 07:34| Comment(0) | チャリンコラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。