2016年06月25日

奇跡の一枚 いつまでも眺めていたい旅の瞬間


旅中に撮った写真のなかにひときわ目を引く、いつまでも眺めていたくなるような写真がある。

それをわたしは「奇跡の一枚」と呼ぶ。

それはカメラマニアが語る構図とか露出とかホワイトバランスとかそんなものは一切関係なく、もう二度と撮ることはできないすべての偶然が奇跡のように重なった旅の瞬間なのである。

その瞬間には風景だけではなく、風の感触や草木の匂いや日射しの眩しさやシャッターを押したその瞬間に感じたすべてが写りこんでいる。

下の写真は北海道のクッチャロ湖の湖畔で撮った奇跡の一枚。

1447.jpg

強い風にしなる木の幹とざわめく枝葉、傾いてゆれる草の穂、小さな波が立つ湖面、水色の空とちぎれた綿のような雲、遠くに見える対岸。

右奥に置かれたバイクと車と手前の木の陰、その奥に見えるキャンプ場のざわめき。

すべてが絶妙にコントラストされてこの一枚の写真を彩っている。この風景がわたしの旅をロードバイクからランドナーに変えたのだが、その新たな旅立ちの期待と不安を表しているかのような、奇跡の一枚です。


次の写真は徳之島の瀬田海浜公園で撮った奇跡の一枚です、このブログのヘッダーに使われています。

P8080162.jpg

コンクリートの壁と屋根とで仕切られた枠から眺める海がまるで異世界のよう、内海と外海とを隔てるリーフに白い波が立つ、その向こうに見える水平線は異世界の果てまで続いているかのよう。

雑多に置かれたバッグと、今日の役目を終えて休む自転車、コンクリートの枠の内が現実で、ヤシの木の向こうが異世界ならば、この画は旅に憧れる人の心を象徴的に表してはいないか。

この旅からわたしはキャンプツーリングの魅力に嵌まって抜けられなくなったのである。


最後の一枚は長野、野尻湖の湖畔で撮った奇跡の一枚です。

2275.jpg

戸隠高原から下りてきてすぐにたどり着いた野尻湖、戸隠での素晴らしい思い出を心に残したまま、湖畔の爽やかな風に吹かれながら佇んでいる。

日射しに映える鮮やかな木々の緑のなかに一点紅い葉が見える。そのささやかに色づいた紅い葉がわたしの旅を祝福してくれているかのよう。紺色の湖面とグレーのアスファルト、その真ん中で日射しを受けて光る黄色のバッグ、この瞬間には何の不安も恐れもない、この鮮やかに彩られた一コマの世界に凛として立つ自転車が旅の希望を表しています。


どんなときに「奇跡の一枚」が撮れるか、それは予測できない、なぜなら予測できる旅に奇跡は起きないからです。

なんてね


にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ
にほんブログ村


アウトドア&スポーツ ナチュラム


posted by チャリダー詩人 at 07:11| Comment(0) | チャリエッセー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。