2016年11月23日

インディアンカレー 図書館 フェルメール



さあ、インディアンカレー食いに行くぞ!


011.jpg


ってやっぱり出かけちゃいました


DSC_1227.JPG


今日の帯広の街はめっちゃ寒いです ((((((ノ゚听)ノヌオォォォ

気温は恐らく0℃くらいなんでしょうが、風が強いのでむき出しになっている顔が痛いくらい冷たかったです


長崎屋のインディアンカレーに到着


DSC_1228.JPG


今日はハンバーグカレーの大盛りを食いました

ちょっと多かったです、やっぱり普通盛りでいいなあ、美味かったけど



そのあと図書館へ


DSC_1229.JPG


谷川俊太郎の詩集読んだり


DSC_1230.JPG


フェルメールの画集見たんですが、すごく感動しました

フェルメールの絵って、人物画であるのに、その絵に人の気配がないんですよね

生きている躍動感が感じられないんですよね


DSC_1231.JPG


とにかく静かな、生活のある一コマでありながら、生活の匂いがしない

時間が流れていない、とにかく見事なまでに絵の中のすべてが静止している


-------------


時間もない 音もない

人が居るのに存在がない


不在の部屋に

記憶が残したイメージが映されている


残像は窓から差す陽に照らされて

彼女の瞳がいま閉じられたのを知る


       チャリダー詩人


-------------


モネも良かった


DSC_1233.JPG


粗い筆先で描かれた淡い色の世界にどっぷりと入ってしまって出られなくなるような、怖ろしいようなロマンがあります


シャガールはあんまりピンとこなかったなあ〜ダリは好きだけど



ってことで今日の図書館は画集で堪能できました


これから晩飯のお惣菜を買いに行くのですが、なにせ寒いのでちょっとダルビッシュです


まあ今晩もいつものように酒飲んで「孤独のグルメ」観て寝ます


まだ早いけど


おやすみなさい


追伸:チャリダー詩人のぐだぐだ旅哲学、アップしました〜↓↓↓





ド暇なら〜見てよね♪



にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ
にほんブログ村



posted by チャリダー詩人 at 17:57| Comment(2) | 2016帯広で冬ごもり生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いよいよ北海道の冬将軍が本気をだしてきたようです。
ずいぶん例年よりも早いけれども…。
フェルメールって誰?な私ではありますが、写真撮影を嗜む自分にとって

『時間もない 音もない
人が居るのに存在がない
不在の部屋に
記憶が残したイメージが映されている
残像は窓から差す陽に照らされて
彼女の瞳がいま閉じられたのを知る』

という感性は、写真の中に臨場感ばかりを求めていた自分にとって斬新なものでした。
その言葉の真意がどこにあるのか?
今は解りませんが、心に残る言葉をありがとうございます。
Posted by 道産子 at 2016年11月23日 20:55

>道産子さん

ありがとうございます(^▽^)/いやあ、このブログで詩の感想を頂いたのは初めてなので嬉しいです。詩作は心に浮かんだ言葉をそのまま書き写すだけなので特に「真意」はないんです。逆に意味を追いかけるといい詩は書けないんですね。その詩の言葉から想起されるイメージを大事にしています、って詩について語りだすと長くなりますのでやめますが、フェルメールの絵を一度図書館ででも見てください、感動すると思いますよ〜究極の静と申しましょうか。写真も絵も音楽も、その作品を創る過程には必ず詩があると思います、いい写真をどんどん撮ってください。
Posted by チャリダー詩人 at 2016年11月23日 21:46
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。