2016年12月15日

家のトラブル未だ回復せず 開き直ってつらら落とし



朝から業者の方が家のトラブルの修理に来ていたのですが、2時間ほど頑張ってくださったのですが回復せず

問題の根が深いようです

これからの作業は規模が大きくなるため、修繕費用も大きくなる

入居時にそれなりの保険に強制加入しているのだが

保険が適用されるかどうかは微妙とのこと

もし保険適用されなければ・・・


025.jpg
オワタ寸前の44歳ニート


ってことになります



しかし、今まではこの状況を予想してオロオロ心配していたのだが

ここまでくればもう開き直って、どうにでもなれ!って気分になってます

莫大な請求がくれば、今までのようなお気楽な生活はできなくなるのであるが

それはそれで新しい人生の幕開けということで歓迎しようではないか

もともと軌道に乗った仕事を捨ててこの人生を選んだのだから



最近のわたしは、ちょっと行き詰まっておりました

旅が終わってこの帯広に落ち着いて、しばらくはワクワク生活していたのだが

だんだんと北海道の生活にも慣れてきて、本を読むのもダルくなって

バイトがない日はダラダラと家で時間が経つのを待っているという

決して楽しいとはいえない時間を過ごしていました



この行き詰まった生活から抜け出すきっかけを、このトラブルが与えてくれるものと感じます



ってことで気分も軽くなったので

気になっていた屋根のつららを出来る限り落とすことにしました

朝は途中までしか出来なかったので


長靴を履いて屋根へ


DSC_1307.JPG


滑るので慎重に雪がある上を歩いて


DSC_1308.JPG


歩行者がいないことを入念に確認しながらつららを折って、雪をかきながら道路に放り捨てて


020.jpg


出来る範囲のつららと屋根の雪を落としました


019.jpg


でも大通り側のこっちは100%滑って転落するので立ち入らず ((((((ノ゚听)ノ


021.jpg


数分作業しただけで足が死ぬほど冷たくなりました 煤S( ̄0 ̄;ノ オーット!


017.jpg



雪は雪でいてくれるうちは良いのですが、雪が溶けて氷の塊になって、それが落ちるとかなり危ないのです

実際わたしの玄関の前に氷のでかい塊が何個も落ちています

もちろん全てを除去することは出来ないが、出来る範囲は除去しておこう



まあそんなこんなで、これからまだどうなるかは分からないが

どんな結果になったとしても

歓迎して受け入れるのだ (*^0゚)v ィエーイ☆彡

これは決して強がりではないのだ



でも一生懸命動いてくださっている方々には大変感謝しております

ご迷惑をお掛けして申し訳ない気持ちで一杯です



ではまた



チャオ〜♪



にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ
にほんブログ村



posted by チャリダー詩人 at 15:38| Comment(0) | 2016帯広で冬ごもり生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。