2017年02月14日

インディアンカレー 図書館 なんか疲れてるねえ〜



お昼はやっぱり図書館へ出かけてしまいました


DSC_1658.JPG


雪が溶けて道がべちゃべちゃです、けっこう歩き辛い


DSC_1660.JPG


街中の風景も雪が溶けて随分変わった


とりあえずお昼を、とインディアンまちなか店へ


DSC_1661.JPG


いつものインディアンカツを食った


DSC_1662.JPG


そのあと駅の待合所で休憩


DSC_1663.JPG


セブンのコーヒーと、今日は六花亭にマルセルバターケーキを食った

美味かったよ (*^-゚)vィェィ♪ 次はどら焼きを食おう


駅の雰囲気ってなんか好きなんだよね〜


DSC_1664.JPG


同じような空間でもスーパーのような商業施設だと、なにか買わないと後ろめたいような気持ちになるが、駅だとそれがない

慌ただしく歩く人を客観的に眺めていられるような、そんな不思議な空間です



そして図書館へ


DSC_1666.JPG


季節の移り変わりを肌で感じる


DSC_1667.JPG


これが生活というものですね、観光ではこの季節感は味わえない



でも図書館の窓から見る景色は相変わらず冬のまんま


DSC_1668.JPG


過去のフィルムを眺めているよう・・・図書館も不思議な空間だ



岸田劉生の画集を見ました


DSC_1669.JPG


この画は好きですね


DSC_1670.JPG


青空の向こうに伸びてゆく、奇妙に盛り上がった道とゆがんだ塀、不思議な画です


有名な麗子像


DSC_1672.JPG


グロテスクな一面をもって東洋人を表現しようとしたのでしょうか


劉生のいい言葉が載っていました


DSC_1671.JPG


「僕が細かにものを描くのは僕が独りでものを見るからだ」


そう、対象と向きあうとき、芸術家は独りなんです



これも面白かった


DSC_1673.JPG
「永井豪 世紀末展」


懐かしい画が多くて楽しかったね〜永井豪ってマジンガーZやらデビルマンやら少年向けの歴史的なキャラクターを数多く生み出してるけど、エロティックな作品も多いよね

けっこう仮面とか・・・ヾ(~O~;) コレ


DSC_1674.JPG



この美術全集も見入ってしまった


DSC_1675.JPG
「世界美術大全集 エジプト美術」


これらが今から3000年も4000年も前に作られていたことに驚くのだが・・・


DSC_1676.JPG


とにかく完成度がハンパないのだ


DSC_1677.JPG


なんだろう、この恐ろしいような美しさは・・・


DSC_1678.JPG


でも「そんな昔に・・・」っていう考え方はいまの「常識」という観念に汚染された考え方なのだ

この太古のエジプト人の方が今よりはるかにすぐれたテクノロジーや感性を持っていた、と考えることになんの不自然性もないのだから

だってピラミッドなんて、現代の科学で建造しようと試みても恐らく無理であろうから

大きな証拠を目の前に出されても、「常識」という曇りガラスを外さないといつまでも真実は見えないのだ



帰りはすっかり日が暮れてました


DSC_1679.JPG


夜の街の風景もいいよね、帯広の駅前


DSC_1682.JPG



帰ってからすぐ温泉に行きました、なんかすんごい体がだるいので



そして晩飯、スーパー食いのがだるいんで、セブンであんかけ焼きそば買って、酎ハイ飲みながら食いました


019.jpg


そして焼酎飲みながら、今日は小津安二郎監督の「秋刀魚の味」を見ました





まだ途中までしか観てないんですが、この映画のいいところは、ひとつひとつのシーンが絵のように主張していて美しいんです


人物が登場するまえの廊下のシーンも


名称未設定 1.jpg


場面の変わり際のシーンも


名称未設定 2.jpg


遠いカットのシーンも俳優が絵画のなかの人物のようにさりげなく主張している


名称未設定 4.jpg


そして主演の岩下志摩が美しい


名称未設定 3.jpg


これは美しい人を役柄に合わせて更に美しく撮るという技術があってできあがるシーンなのだと思います

シーンのひとつひとつが一枚の絵のように独立して主張している、まさに行分けの詩のような映画です



って、偉そうに語ってたら眠たくなったので寝ます



明日は朝から労働です



おやすみなさい



にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村



   
posted by チャリダー詩人 at 22:29| Comment(0) | 2017帯広で春を待つ生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。