2017年10月01日

続帯広5日目 バイト始めな日はみすずラーメンで閉め 



今朝は6時ごろ起きました


004.jpg


起きたときは寒かったですね〜


001.jpg
気温ベランダ 7℃ 6時半測定


でも気持のよい晴れでしたよ


006.jpg


モーニングコーヒー飲んで


005.jpg


自転車で初バイトに出勤


DSC_2472.JPG


雪が降るまではエンペラーくんは現役です


DSC_2473.JPG


紅葉した木々の間を抜けて


DSC_2474.JPG


路傍の花を眺めながら


DSC_2475.JPG


会社に着いて、変わらぬメンバーに懐かしく迎えられて


ひと仕事してきました



仕事が終わったのは17時ごろ


帰りは広小路に行って


DSC_2476.JPG


らーめんみすずで晩飯にしました


DSC_2480.JPG


とりあえず瓶クラッシック飲んで


DSC_2477.JPG


こだわりみすずの味噌と


DSC_2478.JPG


餃子食いました


DSC_2479.JPG


やっぱここのラーメンが俺のなかではナンバーワンだね(*゚▽゚)ノ

濃厚でありながらしつこくないスープ、そして上に乗っている炒めネギがスープの美味しさを更に引きたてている

この店で瓶ビール飲んでラーメンと餃子食うのがわたしの至福の時間です



帰りはもう暗くなってました


DSC_2481.JPG


長い一日が終わりました


DSC_2482.JPG



明日もバイトです


疲れたんで早く寝よう



ではまた



チャオ〜♪



にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村



   
posted by チャリダー詩人 at 19:23| Comment(2) | 2017帯広2年目の冬ごもり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お疲れ様です。ブログ読者の秋山(47才)です。
放浪の旅を考える者として、詩人さんの心情が気になります。

寒さ厳しい北海道ですから、気持ちの上では旅は継続されているものの、テント泊は一旦中断されたものと思います。

もし仮にですが、気候や金銭に問題がなかったとしたら、キャンプツーリングは継続なされていたのでしょうか?それとも一服したい頃合いだったのでしょうか?

何が言いたいのかと申しますと、行先は常に初めての地だったとしてもキャンプツーリングそのものに「マンネリ化」を感じることはないのだろうか?と、ふと疑問が沸き上がった次第です。
Posted by 秋山 at 2017年10月02日 20:56


>秋山さん

こんばんは(o^∇^o)ノいつもありがとうございます。まず金銭面についてはまだテント泊を続ける余裕はありました、中断した理由は10月になれば大方のキャンプ場が閉鎖されてしまうので、それじゃあ楽しくなくなるので止めたというしだいです。「気候に問題がなければ」という仮定に関しては、日本を旅している限り四季は避けては通れないし、その四季を楽しむのがキャンプツーリングの醍醐味でもありますので、問題がなければという過程は論じても意味がないと思います。自転車の旅にとって最大の障壁は冬の寒さです、それを避ける方法として一番ポピュラーなのは南へ行くという方法ですが、わたしは敢えてそれをせずに極寒の地に留まることを選択しました、北海道の冬を体験したかったからです。でも南へ行くとしてもどこかでは一時留まることにはなるだろうと思います、留まる期間は南へ行くほど短くはなると思いますが。キャンプツーリング中にマンネリを感じることは無いとは言えません、旅も続けていれば日常化してきます、しかしそのジレンマと向きあうのもまた旅の醍醐味であるといえます。このテーマはまさに「旅の哲学」ともいえる深いテーマでありますので簡略には語ることができません、また追々ブログにてつぶやいていければと思ってます。秋山さんが放浪を考えているならば、旅の最大の障壁である冬をどう乗り越えるかを一度はイメージしてみるべきだと思います、行き当たりばったりで行く方法もありますが、とりあえず漠然とでもイメージしてみて、楽しいと思う方向に向かって旅の想いをふくらませてゆけばいいと思います。
Posted by チャリダー詩人 at 2017年10月02日 22:26
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。