2020年01月31日

執筆な日 47ページ 17841文字まで



今朝は7時半ごろ起きました


P_20200131_074928.jpg


そして執筆してました


P_20200131_080036.jpg


お昼は休日定番の野菜ラーメン


P_20200131_110400.jpg

P_20200131_111252.jpg


午後のコーヒー


P_20200131_131639.jpg


昼からも少し執筆して


P_20200131_161136.jpg


47ページ 17841文字まで書いた



そして夕方になったらビール


P_20200131_161941.jpg


からのお湯割り


P_20200131_165516.jpg



晩飯はまたこれ


P_20200131_173150.jpg


焼うどんだ


P_20200131_173916.jpg


美味かったよ



今は焼酎飲みながらこの記事書いてます


P_20200131_190810.jpg



-----今書いている「続続チャリダー」からの抜粋


人生にはときに、興奮があり、歓喜がある。

誰もがその感情の高ぶりを欲して、憧れて、行動し、期待するのであるが、それはたとえ実現したとしても一時的なものでしかない。

興奮も歓喜も、それが起こるときは同時に、それがすぐに終わることを意味している。

それはただの刹那的な感情の変化でしかないのだ。

何か大きな流れが生まれるとき、新たな道が開けるとき、そこには興奮も歓喜もない。

ただ静かな心の動揺を感じるのみである。

そこには微かな不安もある。

その微かな不安こそが、わたしが人間であることの証しなのかも知れない。



明日から4連勤だ



頑張ろう



ではまた



チャオ〜♪





電子書籍第6作「続チャリダー白書:旅人が家を持った日」旅人が、旅の途中に、知らない土地で、家を買った話。無職となって故郷を発ち、浪々の末にたどり着いた北海道のある地で、家を買ってしまった男の体験記です。



電子書籍第1作「チャリダー白書:終わりのない旅を求めて」真の自由を追い求める47歳男の自叙伝です。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村

    
posted by チャリダー詩人 at 19:20| Comment(0) | 2020帯広で春を待つ生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。