2020年02月03日

午後から雪になった まだ降っている 中年の危機



今朝は5時半ごろ起きました


P_20200203_055443_1.jpg


寒かったあ

最近はずっと暖かったから

尚更寒く感じた


P_20200203_065822_1.jpg



出勤


P_20200203_071857_1.jpg


朝の列車


P_20200203_071901_1.jpg


P_20200203_071906_1.jpg

P_20200203_071938_1.jpg

P_20200203_071952_1.jpg

P_20200203_072850_1.jpg



今日の現場は市内でした

14時ごろから雪が降ってきた


P_20200203_162821_1.jpg

P_20200203_163025_1.jpg



仕事終わったのは17時ごろ


P_20200203_165715_1.jpg

P_20200203_170400_1.jpg


また一面真っ白になった


P_20200203_170406_1.jpg

P_20200203_170610_1.jpg

P_20200203_170630_1.jpg



帰宅ビール


P_20200203_173755_1.jpg


晩飯は昨日と同じ


P_20200203_182612_1.jpg


セブンの塩ザンギ定食



今は焼酎飲みながらこの記事書いてます


P_20200203_195200_1.jpg


さっきこの動画を観ました




いやあ、シーズン2も面白かったなあ

だんだん深くなってきます



人生はトラウマとの戦いなのかも知れない

若いときは感情の激しさに紛れて、傷ついた心は息を潜めているが

40歳も過ぎて、半生を振り返りだすと

それがトラウマとなって呟きはじめる


「中年の危機」が訪れるのだ


そこからはもう、自分と向き合うしか術はない

かつてはその術が自転車の旅だったのだが

それではもう誤魔化し切れなくなってきた


だから探しているのだ

自分と向き合う術を

それこそが「終わりのない旅」なのだ



明日は4連勤最後の日です

頑張ろう



ではまた



チャオ〜♪





電子書籍第6作「続チャリダー白書:旅人が家を持った日」旅人が、旅の途中に、知らない土地で、家を買った話。無職となって故郷を発ち、浪々の末にたどり着いた北海道のある地で、家を買ってしまった男の体験記です。



電子書籍第1作「チャリダー白書:終わりのない旅を求めて」真の自由を追い求める47歳男の自叙伝です。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村
posted by チャリダー詩人 at 20:19| Comment(0) | 2020帯広で春を待つ生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。