2020年02月07日

広尾でお仕事 マイナス17℃の朝 そもそも人に期待するから・・・



今朝は5時半ごろ起きました


P_20200207_055804_1.jpg


めちゃ寒かったぞお


P_20200207_061715_1.jpg


7時ごろの外の気温は


P_20200207_070416_1.jpg


マイナス17℃


P_20200207_070406_1.jpg


あと数日この寒さは続くね



出勤


P_20200207_071511_1.jpg

P_20200207_071533_1.jpg

P_20200207_071542_1.jpg

P_20200207_071549_1.jpg

P_20200207_071609_1.jpg



今日の現場は午前中市内で

午後からは広尾でした


P_20200207_132143_1.jpg

P_20200207_132325_1_1.jpg


延々と続く大雪原を眺めながら行きました



家に帰ったのは19時半ごろ


P_20200207_191813_1.jpg

P_20200207_192736_1.jpg

P_20200207_192805_1.jpg


帰宅ビール


P_20200207_194447_1.jpg


晩飯は、ちょっと趣向を変えて・・・


P_20200207_203326.jpg


ななから定食(笑)

ただ塩ザンギが品切れてただけだけど



今は焼酎飲みながらこの記事書いてます


P_20200207_211347_1.jpg



-----今日のつぶやき


そもそも人に期待するから「裏切られた」なんて思ってしまうのである

人それぞれ生き方が違うのだから、合わなくて当然である

それでも人は人に期待せずにいられない


だからわたしは出来るだけ、人と接する機会を少なくしている

特に自由になる旅中には


それは「逃げ」だろうか

確かにそうなのだろうが

ではそもそも、戦う必要があろうか


わたしは一人でいたい

でもそうはさせてくれない社会がある


それこそがわたしにとっての、戦いである



明日は休みです

もうちょっと飲もうか



ではまた



チャオ〜♪





電子書籍第6作「続チャリダー白書:旅人が家を持った日」旅人が、旅の途中に、知らない土地で、家を買った話。無職となって故郷を発ち、浪々の末にたどり着いた北海道のある地で、家を買ってしまった男の体験記です。



電子書籍第1作「チャリダー白書:終わりのない旅を求めて」真の自由を追い求める47歳男の自叙伝です。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村
posted by チャリダー詩人 at 21:40| Comment(0) | 2020帯広で春を待つ生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。