2020年02月08日

執筆しなかった休日 焼うどん どうせ人間生きたって・・・



今朝は9時半ごろ起きました


P_20200208_094509.jpg


温かかったよねえ


P_20200208_094515.jpg


しばらくストーブ要らずでした


執筆しようと思ったんだけど

なんか気がノラなかった



昼前に買い物に行きました


P_20200208_104414.jpg

P_20200208_104511.jpg


帰ってから野菜ラーメン作った


P_20200208_115723.jpg


今一つコクがなかったねえ

肉が入ってなかったからだろうか

でも肉無しでもコクを出したいよねえ、研究しよう

って、袋ラーメンだけど・・・



午後のコーヒー


P_20200208_123112.jpg


昼からも執筆出来なかったねえ


P_20200208_160257.jpg


まあ、無理することはない

何をするにしても、気分には勝てない



夕方になったらビール


P_20200208_160733_1.jpg


からのお湯割り


P_20200208_164549_1.jpg



晩飯は


P_20200208_175159_1.jpg


焼うどんだ


P_20200208_180321_1.jpg


マヨネーズたっぷりで


P_20200208_180341_1.jpg


やっぱり美味いね



今は焼酎飲みながらこの記事書いてます


P_20200208_201457_1.jpg



さっきこの映画を観ました




普通に面白かった

いやあ、でも金持ちで地位もあるって、色々と苦労が多いんだなあ

って思うね

隠蔽したり、詐称したり、ヤケクソで誤魔化したり


やっぱ貧乏人が気楽でいいや(ただのヤッカミだろう)


どうせ人間生きたって

90年くらいだから

その間に精一杯自由に活動出来るのは、60年くらいかなあ

その間、色んなもん背負って豪勢に生きるか

気楽に簡素に生きるか

ってことだよねえ



-----今日の苦しい気付き


労働は、最高のストレッチだ



明日も労働です



ストレッチしてこよう



ではまた



チャオ〜♪





電子書籍第6作「続チャリダー白書:旅人が家を持った日」旅人が、旅の途中に、知らない土地で、家を買った話。無職となって故郷を発ち、浪々の末にたどり着いた北海道のある地で、家を買ってしまった男の体験記です。



電子書籍第1作「チャリダー白書:終わりのない旅を求めて」真の自由を追い求める47歳男の自叙伝です。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村
posted by チャリダー詩人 at 21:09| Comment(0) | 2020帯広で春を待つ生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。