2020年02月11日

執筆の休日 59ページ 22707文字まで かつおのたたきにマヨネーズ



今朝は9時ごろ起きました


P_20200211_091748_1.jpg


温かかった

起きる前の30分くらいに一度ストーブ点けるんだけど

起きてすぐに消しました


そして執筆しました


P_20200211_094758_1.jpg


昼前にスーパに買い物


P_20200211_105524_1.jpg

P_20200211_105555_1.jpg


帰ってから野菜ラーメン


P_20200211_120035_1.jpg


今日は醤油とんこつでした


P_20200211_121435_1.jpg


やっぱ味噌の方が美味いかな


午後のコーヒー


P_20200211_124000_1.jpg


昼からも執筆しました


P_20200211_162724_1.jpg


今日はちょっと書けた


P_20200211_170238_1.jpg


59ページ 22707文字まで



夕方になったらビール


P_20200211_162707_1.jpg


からのお湯割り


P_20200211_170009_1.jpg


晩飯はこれを買って来た


P_20200211_181812_1.jpg


かつおのたたき


P_20200211_182951_1.jpg


玉ねぎとにんにくのスライスをまぶして


試しにマヨネーズをかけてみたら

P_20200211_183637_1.jpg


めちゃ美味かった

かつおのたたきにマヨネーズ、めちゃ合います



今は焼酎飲みながらこの記事書いてます


P_20200211_200336_1.jpg



さっきこの動画を観ました




色即是空 空即是色

という空海の言葉がありますが

わたしはこれをずっと、エロいことに関連している言葉だと思ってました


しかしそれもあながち間違いではないわけで

色という言葉は、色素としての科学的な意味もあれば

人の性格、個性を意味してもいるし

お笑い芸人のことを「色物」と言ったりもする


そしてすべてを包括した「色々」という言葉がある


そう、すべては色であり、現象なのだ

その現象すべてに、各々が色を付けて楽しんでいる

それが世界だ


セックスもその色のなかの一つなのであるが

それもただの現象に過ぎない


その小さな現象の一つに、人は愛憎の火を燃やすのであるが

でもすべては空で、あらゆるものは空から創られた幻なのである


だから開き直って生きようではないか

国境も戒律も常識も超えて

皆の色が混じり合い、輝く世界


空海がそれを想っていたかどうかは、知りませんが

わたしはこの動画を観てそんなことを想ってしまいました



明日は労働です

頑張ろう



ではまた



チャオ〜♪





電子書籍第6作「続チャリダー白書:旅人が家を持った日」旅人が、旅の途中に、知らない土地で、家を買った話。無職となって故郷を発ち、浪々の末にたどり着いた北海道のある地で、家を買ってしまった男の体験記です。



電子書籍第1作「チャリダー白書:終わりのない旅を求めて」真の自由を追い求める47歳男の自叙伝です。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村
posted by チャリダー詩人 at 20:15| Comment(0) | 2020帯広で春を待つ生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。