2020年08月06日

士別市つくも水郷公園キャンプ場に到着 思ったほど濡れなかった



美深を出たのは8時ごろ


2020_0806_08161300.jpg


出ようとしたら

トイプードルを助手席に乗せたオジサンが現れて

「朝飯食ってけよ!」

とお湯が注がれたカップ焼そばを差し出された

内心は

「いや、朝からカップ焼きそばって・・・」

と思ったが

断るのも悪いのでありがたく頂いた

オジサンありがとう


雨が降ってたので


2020_0806_08164100.jpg


フル装備で


2020_0806_08165300.jpg


出発しました


2020_0806_08220200.jpg

2020_0806_08271600.jpg


ひたすら国道40号線を行く


2020_0806_08272000.jpg

2020_0806_08334100.jpg


美深の街を過ぎる


2020_0806_08473200.jpg

2020_0806_08493000.jpg


この頃から雨が収まった


2020_0806_08582600.jpg

2020_0806_09015800.jpg


名寄市に入った


2020_0806_09022800.jpg


士別まで39キロ


2020_0806_09041200.jpg


そば畑


2020_0806_09041500.jpg

2020_0806_09045200.jpg


少し青空が見えた


2020_0806_09310600.jpg


カッパが暑くなった


2020_0806_09440100.jpg

2020_0806_09521700.jpg


カッパを着てて悩むのは

その脱ぎ時だ

一度脱いでしまえば、そうすぐには着られない

自転車を止めて着てる間にずぶ濡れになる

だから我慢して、上着だけ袖を脱いで腰に結んで走っていた


2020_0806_10044400.jpg


名寄の街に入った


2020_0806_10055000.jpg

2020_0806_10105300.jpg

2020_0806_10200500.jpg


自転車を止めてスマホで雨雲レーダーを確認して

もう降らないことを確かめてカッパを脱いだ


2020_0806_10243900.jpg


空が明るくなってきた


2020_0806_10323800.jpg


士別まで16キロ


2020_0806_10380400.jpg


セコマで休憩


2020_0806_10520100.jpg


さあ、もう一踏ん張りだ


2020_0806_10553200.jpg

2020_0806_11000500.jpg

2020_0806_11030300.jpg


士別市にはいった


2020_0806_11044900.jpg


路面はほぼ乾いている


2020_0806_11293600.jpg


また降り出す前に着くのだ


2020_0806_11295300.jpg

2020_0806_11332400.jpg


そして街に入って


2020_0806_11355300.jpg

2020_0806_11381400.jpg


つくも水郷公園キャンプ場に着いた


2020_0806_11440700.jpg


園内コースを走って


2020_0806_11453800.jpg

2020_0806_11454600.jpg


キャンプサイトに着いた


2020_0806_11475000.jpg


無料のキャンプ場です


まずはタープを張ってから


2020_0806_12215100.jpg


濡れたテントと銀マットを少し乾かして

テントを張った


2020_0806_13283200.jpg


それから昼飯の買い出し


2020_0806_13070700.jpg


セコマで


2020_0806_13170900.jpg


そしてキャンプ場に帰って昼飯


2020_0806_13333000.jpg


3日ぶりにビールを飲んだ


2020_0806_13403000.jpg


今は酎ハイ飲みながらこの記事書いてます


P_20200806_152856.jpg



いやあ、思ったほど降らなかったね

今も穏やかなリバーサイドです


P_20200806_153101.jpg


キャンパーは数人います


少しのんびりしてから

晩飯の支度します



ではまた



チャオ〜♪





電子書籍第8作「続続チャリダー白書:夏の自叙伝」出版しました!ある気付きを得て、旅人の心に変化が起きた。いい知れぬ焦りに導かれて走り続けた夏の終わりに旅人がたどり着いた境地とは。真の自由を追い求めて煩悶した、夏の自叙伝です。



電子書籍第1作「チャリダー白書:終わりのない旅を求めて」真の自由を追い求める47歳男の自叙伝です。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村
posted by チャリダー詩人 at 15:34| Comment(0) | 2020道北ぶらぶらの旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。