2020年09月02日

旅友は知床へ去った バイトの面接に行った



今朝は7時半ごろ起きました


001.jpg


暑い日の予感がしました


002.jpg


昨晩は変な夢見た


003.jpg

005.jpg



朝から旅友と将棋


007.jpg


弱いと思ってなめていたら

意外に粘られて

負け寸前まで追い詰められました(笑)


最後は旅友が3手詰めを見逃してくれたので

勝つことが出来た


いやあ、将棋って

奥が深いよねえ



そして彼は


008.jpg


知床へと旅立ってゆきました


010.jpg



お昼は茶そば


014.jpg



そして、旅友が去ってから

なんかもう、ほんとにやることが無くなって

完全に煮詰まってしまったので


ネットで見付けたバイトに電話してみたら

今日、面接が出来るというので


015.jpg


履歴書持って早速街まで行きました


シティマートで履歴書写真撮って


P_20200902_141038_1.jpg
見よ!このカジュアルな履歴書写真を


でも落ち着いた感じのシャツってこれしかないんだよねえ

旅人風情だから仕方ないよねえ


結果はというと

明日電話をもらうのですが

そんなに悪い感触でもなかった



帰ったら筋トレしてビール


017.jpg


晩飯は


019.jpg


ポークチャップ


今は焼酎飲みながらこの記事書いてます


P_20200902_200022_1.jpg



さて、ついに年貢を納めるべく

労働の面接をしに行ったのですが

労働内容は、玉ねぎの選別or諸々です


やっぱわたしが新しいバイトを探すにあたって

一番のネックになるのは


夏場は抜ける


ってことです


それが帯広の清掃バイトでは受け入れられてたのですが

そう融通の利くバイトばかりではないのが社会の常です


まあ無理もないでしょう

五十近くにもなって、そんないい加減な生き方してるんだから(笑)


でもそれほど感触は悪くなかった

まあ、明日の電話ですべてが決まるでしょう


やはりまだわたしは

労働から解放されない身のようだ


でも、10年間自営業で悪戦苦闘してきたわたしにとっては

下手に起業なんて志すより

労働の方がよほど気楽で自由があると思える



まあ今のとこ、こんな人生だ



何とかなるでしょう



ではまた



チャオ〜♪





電子書籍第8作「続続チャリダー白書:夏の自叙伝」出版しました!ある気付きを得て、旅人の心に変化が起きた。いい知れぬ焦りに導かれて走り続けた夏の終わりに旅人がたどり着いた境地とは。真の自由を追い求めて煩悶した、夏の自叙伝です。



電子書籍第1作「チャリダー白書:終わりのない旅を求めて」真の自由を追い求める47歳男の自叙伝です。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村
posted by チャリダー詩人 at 20:17| Comment(0) | 2020訓子府で生きてゆく編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。