2020年09月23日

労働14日目 覚悟を決めれば緊張もまた楽し



今朝は5時ごろ起きました


003.jpg


起きてすぐはそれほど寒くなかったのだが


004.jpg

005.jpg

006.jpg


じっとしてたら、やっぱり寒い


007.jpg

008.jpg

009.jpg


ってことで


010.jpg


ファイヤー



今日の労働は


P_20200923_172843.jpg


特にミスもなく

スムーズとは言わないが

無地に終わりました



帰ったらすぐにファイヤーして


014.jpg


ピーチ酎ハイ


016.jpg


晩飯は


017.jpg


野菜炒め



今はビール飲みながらこの記事書いてます


P_20200923_195653.jpg



労働も2週間過ぎましたが

まだ少し緊張してます

朝も作業中も


緊張する、って

何かしら面倒くさいような、重苦しいような

そんなネガティブな感じは確かにあるんだけど


逆に緊張がなければ

ダルさが来ます


これも面倒くさくて重苦しい

ネガティブな感情です


帯広の清掃バイトをしていたときは

このダルさが存分に来ていたと思う


確かに仲間は若いし、楽しい会話も出来るし

でも、何かダルかった


だから今の

朝起きてから出勤するまでの、微妙な緊張感と

作業中の張り詰めたような緊張感が

心地よいとさえ感じるときがある


どちらが良いとか悪いとかいう事ではなくて


今のわたしには

この微妙な緊張感の方が

ダルさという倦怠感よりは

心地よいと感じる


そういう話です


そしてこの緊張感は

旅中に峠を上る前の

覚悟を決めたときの、あの

緊張感に似ている気がする


ってまた旅にこじつけるのかよ(笑)

ってね



覚悟を決めれば緊張もまた楽し



って少し労働も慣れてきて調子に乗ってます(ふふふ)



ではまた



チャオ〜♪





電子書籍第8作「続続チャリダー白書:夏の自叙伝」出版しました!ある気付きを得て、旅人の心に変化が起きた。いい知れぬ焦りに導かれて走り続けた夏の終わりに旅人がたどり着いた境地とは。真の自由を追い求めて煩悶した、夏の自叙伝です。



電子書籍第1作「チャリダー白書:終わりのない旅を求めて」真の自由を追い求める47歳男の自叙伝です。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村
posted by チャリダー詩人 at 20:26| Comment(0) | 2020訓子府で生きてゆく編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。