2021年02月21日

訓子府停滞22日目 ルパンの町の牧場に行きます



今朝は8時ごろ起きました


005.jpg

006.jpg


昨晩もちょっと降ったようだ


002.jpg

008.jpg


切り干し大根作った


009.jpg

011.jpg


013.jpg


昼飯は


016.jpg


カップ焼きそば



020.jpg

021.jpg

024.jpg



午後のコーヒー


025.jpg

028.jpg

029.jpg


斜陽のとき


031.jpg

032.jpg


晩飯は


035.jpg


豚野菜炒め


今は焼酎飲みながらこの記事書いてます


038.jpg



今朝、先日お会いした牧場の方から電話があって

今週木曜日(25日)に赴任させて頂くことになった

つまり


牧場のバイトが決まっちゃったのです


場所はどこかというと

ルパンで有名な町です

断崖高地の岬も有名です

湿原もあります

海を臨むサイトに並び立つバンガローが情緒的で、朝に無数の昆布漁船が湾に展開する壮観な眺めを堪能できる

有名なキャンプ場があります

そういえば、わたしの処女作「チャリダー白書」の表紙にもなってるなあ


と言ってもその名所からは少し離れてるけど


ここまで言って分からない方は


ググればよろし


ははは


しっかし、長かったなあ〜次のバイトが決まるまで

もっと早くに決まると思ってたんです

阿寒から帰って数日くらいに


でも48歳という壁は意外に高いことをしみじみと感じました


北見の牧場

豊富町の牧場

厚岸の牧場

標津の牧場

標茶の牧場


不採用になった理由は様々あって

必ずしもそれが年齢に関係することではなかったのですが


でも暗に感じました

やっぱ厳しい世代だなあと


しかし、こうやって受け入れる所もある訳です


中年よ!希望を捨ててはいけない

大事なのは、若者にも負けない体力だ

まずは健康と体力を維持せよ

虚勢でもいいから(笑)


体さえ元気ならば

何とかなる


この哲学は健在です


この機会に牧場のスキルを身に付けることができれば

これからの北海道の冬は安泰でしょう


ふふふ


明日からぼちぼち遠征の準備します



ではまた



チャオ〜♪





電子書籍第8作「続続チャリダー白書:夏の自叙伝」出版しました!ある気付きを得て、旅人の心に変化が起きた。いい知れぬ焦りに導かれて走り続けた夏の終わりに旅人がたどり着いた境地とは。真の自由を追い求めて煩悶した、夏の自叙伝です。



電子書籍第1作「チャリダー白書:終わりのない旅を求めて」真の自由を追い求める47歳男の自叙伝です。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村
posted by チャリダー詩人 at 20:01| 2021訓子府で生きてゆく編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする