2013年09月04日

旅の記憶 本部町フクギ並木通り ノスタルジックな南国の風景



沖縄県国頭郡本部町備瀬崎の手前にあるフクギ並木通り。昔の沖縄の生活風景をそのまま残したような、ノスタルジックな気持ちになれる通りです。

P7220764.jpg

並木沿いに建つ家は古民家が多く、なかには食堂を営んでいる家もある。家の一件一件がフクギに囲まれて、独特の存在感を漂わせている。昔の沖縄にタイムスリップしたような気分になる。

P7220765.jpg

すごくいい雰囲気の古民家食堂があったのだが、その時はちょうど腹いっぱいだったのでやめた。大変悔やまれる。せめて珈琲でも飲んでいけばよかった。

P7220766.jpg

地面は道も家の庭も一面サラサラの砂。おそらく風に運ばれて溜まったのだろう。フクギも防風林の役割なのかもしれない。

P7220767.jpg

P7220770.jpg

ノスタルジックな沖縄を存分に楽しめる通りです⤴


アウトドア&スポーツ ナチュラム


posted by チャリダー詩人 at 16:39| Comment(0) | 2013九州沖縄の旅 旅の記憶 感動編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月31日

旅の記憶 諫早干拓 堤防ロードを走る



見渡す広大な田園風景、諫早干拓

P7140317.jpg

P7140318.jpg

そして向かうは潮受堤防ロード、干拓事業のひとつとして設けられた堤防。この堤防は道路としても利用され有明海の入江を横切る。ここまできてこれを渡らなきゃチャリダーではない。

P7150338.jpg

強い風が吹く、しかし気持ちがいい。が、眺めがいまいちなのは右側に見える草を生やせた堤防が有明海を隠しているから。なので上ってみた(本当は禁止されている)。

P7150343.jpg

P7150342.jpg

おおっ!想像した通りの素晴らしい眺め。堤防の内側、諫早干拓側は緑色に濁っているが有明海側は美しい紺色の海が広がっている。壮大な有明海の眺め。感動しました。

P7150358.jpg

道の真ん中あたりの歩道橋からの展望。

P7150351.jpg

干拓地を波の被害から守るために造られた堤防だが、堰き止めたために水が濁り嫌な臭いもして、農民側からは水門を開けてくれとの要望も出ているとのこと。難しいですね。

P7150376.jpg

P7150385.jpg

諫早に来たなら渡るっきゃない堤防ロードでした。



アウトドア&スポーツ ナチュラム


posted by チャリダー詩人 at 20:33| Comment(0) | 2013九州沖縄の旅 旅の記憶 感動編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする