2016年04月28日

外界と繋がったままにして一人 


今読んでいる本

僕はなぜ小屋で暮らすようになったか 生と死と哲学を巡って (DOBOOKS) -
僕はなぜ小屋で暮らすようになったか 生と死と哲学を巡って (DOBOOKS) -

生きる意味と死の恐怖に煩悶しながら生きた著者の半生を哲学的な文章で綴った本です。裕福な家に育ち東京大学に通いながらもぼろアパート、路上生活をみずから選び最後にたどり着いたのが山小屋での生活。

この本のある一節を抜粋します。

都会にいながら「一人の時間」を確保するのは、そんなに難しいことではないかもしれない。喫緊の用事を済ませ、携帯電話の電源を切って、部屋の扉にカタリと鍵をかければ、何か思案に耽るにはとりあえず事足りる。

山小屋の「一人の時間」はそれとは少し異なる。部屋に鍵をかけ、外界を遮断して一人になるのではなく、外界と繋がったままにして一人なのだ。雑事を締め出し、雑念を追い払い、ようやく作り上げるかりそめの一人の時間ではなく、全体性を持った本物の一人の時間である。


この一節のなかの「外界と繋がったままにして一人」という部分に、わたしのチャリ旅のすべてが語られているように思ったのです。

孤独になりたい、でも孤独とは遮断ではなく逃避でもなく、ではなんだろう、人が嫌いではないが人に合わせる窮屈さから逃れたい、この気持ちをどう表現すれば誰かに良く伝わるだろうか・・・。

「外界と繋がったままにして一人」、この表現が最高です。


わたしはわたしのままで世界に触れて

世界もわたしに触れる

日差しを浴びた木々がきらきらと光って

わたしはずっとそれを見つめている

いつまでもいつまでも

飽きもせずにいつまでも佇んでいるわたしが滑稽でも

わたしはいつまでもわたしでしかない


テントの中で、薄い布きれ一枚が外界の冷たい空気と虫からわたしを隔てている。この瞬間にわたしが外界と繋がっているか否かは不明である。しかし不明であるがゆえにわたしは迷い恐れる、この迷いと恐れが肉体の声となって薄い布きれを透って、夜の闇のときに風にざわめく藪のなかに消えてゆく。


にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ
にほんブログ村


アウトドア&スポーツ ナチュラム


posted by チャリダー詩人 at 06:13| Comment(0) | チャリンコラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月25日

面白いこと考えたよ シェアハウスという発想


仕事をやめると決めたととたんに色んなライフスタイルのアイデアが浮かんでくるようになりました。これも一種の生存本能でしょうか。あえて退路を断つことで見えてくる道があるのでしょうか。

しかしビジネスなんて「金金しい(かねかねしいと読みます、勝手に即興で作った言葉です)」ものではなくて、わたしも周りのひともみんなが楽しくなって、それて少しだけお金が入ればいいなあ〜っていうライフスタイルです。

人が生きていくうえで一番必要と言っても過言ではないのが「家」もしくは「宿」だと思います。旅をしている間はテントで十分ですが根を下ろして生活をするとなると、やはりボロやでもちゃんとした骨組みを持った家が必要になります。

しかしこの家を確保するのに一番お金がかかる。スローライフ(できるだけ働く時間を少なくして自由な時間を増やしたい生き方)を目指すひとたちにとって一番の負担になるのが「家賃」です。家賃は生活費のなかで最も高い固定費でしょう。下手すれば生活費の半分以上は家賃に取られているのではないでしょうか。

だからこの家賃を低く抑えることで快適なスローライフが実現できると思います。限りなく低く、一番の理想は0円ですが(笑)それは調子が良すぎるので2、3千円くらいにまで抑えることができれば相当楽になると思います。

それを実現させるには、これはすでに色んな本に書かれていて実践されている方も多いのですが、「田舎の古民家」、もう住み手のなくなった古い田舎の家を一月数千円程度で借りる方法です。昨今は過疎化対策で移住を奨励している村も多いとのこと。古民家への移住は以外と簡単かもしれません。


P4300050.jpg


そしてその古民家を数人でシェアすれば更に家賃は低くなります。光熱費も何もかもシェアするのです。自転車も食材も服(さすがに下着は無理でしょうが)も何もかもシェアすれば今までは余って捨てていたものもハウスメイトの誰かが消化してくれたり、実家から送られてきた大量の野菜などもみんなに配ったり、そんな風にハウスメイト内で物を回してゆけば、相当効率的な物の循環になると思います。超画期的、及び活気的な節約術です。

一番問題になるのが「仕事」です、が田舎なので農作業の手伝い等で日給3000円くらいならばありそうな気がします。ボラバイト的な仕事です。それが無くても少し町まで足を運べば何かしらのアルバイトはあると思います。ゲストハウスを運営してもいいと思います。

みなに仕事がなくとも、たとえばハウスメイト4人のうち2人が働きに出てあとの2人は家事をするとか、ただしここまでになるにはかなりの結束が必要でしょうが。とにかくみなが知恵を出し合えば何かしら生活を続けていく方法は見つかるはず、なぜって生活費そのものが一人数千円〜1万円程度なのだから。


P5150032.jpg


家族でもバラバラになればなるほどお金が掛かります、一つにまとまって暮らせば家賃、光熱費、食費すべてが効率よく節約できる。いかに家賃を低くするかは、いかに集まって暮らすか、に答えは出ています。

シェアとは「非所有」に近づいてゆく発想です。所有の概念が利権を生みビジネスの素地を作ります、そしてそこで生み出されたビジネスが吸い上げる大量のお金は社会のピラミッド構造の高いところへとどんどん吸い上げられてゆきます。

その上へ上へと吸い上げられてゆくお金を、横へ横へと少しづつ分け合いながら、大きな得もなければ大きな損もしない、でもみんなが自由に楽しく暮らしてゆける、それがシェアの発想が生み出す理想の社会だと思います。

色々と問題は出てくると思います。村社会にどれだけ溶け込んで、どれだけ拒否するかの境界、ハウスメイト内でのいさかい、何か問題が起きた時に誰が責任者となるのか、などなど考えればきりがないですがとりあえず何事もやってみなければ分からない、でも快適なスローライフを実現するためにはかなり有効なアイデアだと思います。

スローライフに憧れる多くの人が知恵を出し合って協力し合って楽しく生きられる社会は考えるとすごくワクワクします


P4300054.jpg


にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ
にほんブログ村


アウトドア&スポーツ ナチュラム


posted by チャリダー詩人 at 16:23| Comment(0) | チャリンコラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする