2016年12月19日

チャリリックポエジー アルトリ岬にて



アルトリ岬にて


苦しみとはなんだろう


5日間嵐をやり過ごして

静かに晴れた岬に立っている


カモメが舞う

風も時間もない空を


濡れた自転車とテント

乾きはじめた洗濯物


愛ってなんだろう


誰もいない

憩いの屋根もない


獲物を待っているカラス

散らかったゴミの亡骸


約束もない

記憶する意味もない


それでも

ぼくは行かねばならない


嵐が過ぎたので



1574.jpg




にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村



posted by チャリダー詩人 at 22:26| Comment(0) | チャリリックポエジー(自転車的詩情) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月18日

チャリリックポエジー オロフレ峠にて



オロフレ峠にて


なにもかも捨ててきたはずなのに

なぜにこんなに足が重たいのだろう


わたしはなにを背負っているのだろう

このなにもない道の峠で佇んで


わたしはなにを待っているのだろう


友よ

坂がわたしを笑っている

いつも君といながらわたしは

いつもひとりぼっちだった


だから友よわたしは荷物を捨てて

あの白樺の林へと歩いてゆく


そして身軽になってガードレールに休む君を

藪のなかから見つめる


友よ

未開の地へゆこう

生きることが幻のように

坂を下る世界へ



1701.jpg




にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ
にほんブログ村



  
posted by チャリダー詩人 at 22:23| Comment(0) | チャリリックポエジー(自転車的詩情) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする