2016年10月27日

旅の効能 時計のない部屋



わたしの今の帯広の借家には時計がない

なぜないかというと単に買うのをケチっているだけだったのだが

この時計のない生活に慣れてしまうと、もう必要がないどころか邪魔なものとして思えてくるのだ

見ようと思えば時刻はいつでもスマホやタブレットで確認できるのであるが、壁掛け時計や置き時計があるとないでは時間に関心を向ける頻度が大きく変わってくるのだ

わたしも以前仕事をして普通に生活した頃は家の各部屋に大きな時計を壁に掛けていた

家のどこにいてもいつでも時刻を確認できるようにしていた、そうでないと安心できなかった

その頃の時計をチラ見する回数を数えたとすれば、恐らくは一日何百という回数になっていただろう

でもその頃から、そんな時間に囚われている自分を変えたいと思っていたのである、が一度囚われてしまうと逃れるのは難しいのだ

時計を外す勇気が出ないのだ、時計を外すと大事な約束事をすっぽかしてしまうのではないか、とか大事な用事を遅らせてしまうのではないか、との不安にかられてしまうのだ


でも今は時計のない部屋にいて、大事な約束をすっぽかしたりすることなく、必要な用事を遅らせたりすることなく、普通に過ごしている

スマホの時刻を確認する回数も1時間に1回くらいだろう、もちろん大事な用事の前には増えるのであるが、それでもかつて壁掛け時計をチラ見していた回数に比べれば何十分の一である


それだけわたしは今、時間から解放されたのだ

完全に解放された訳ではないけど、少なくとも「意図せずして時間に目を奪われる」ことはなくなったのである


これも旅の効能であろう、なぜならばチャリ旅という時刻表のない旅で時間への観念が薄まったまま

突然住むことになった借家で、わざわざ時計を買う必要に迫られなかったことが、この「時間を忘れた部屋」を獲得できたおかげであるのだから


かつてのわたしのように「時間をチラ見病」に罹っている人は

勇気をもって時計を外してみましょう、時間を忘れた部屋の朝はわたしだけの朝です



2016_1027_10120400.jpg




にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ
にほんブログ村


アウトドア&スポーツ ナチュラム

posted by チャリダー詩人 at 10:07| Comment(0) | チャリエッセー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月24日

旅の効能 毎日が新しい日



帯広に落ち着いてはや24日

先日辞めたバイトはキツかったがいい経験ができた

今は病院の清掃スタッフのバイトに履歴書を出している

バイト探しをしていて気付いたことがある、それは新しい未知の仕事であるのに不安感よりはワクワク感の方が大きいのだ

新しい仕事先には新しい出会いがあって、経験したことのない作業があって、それらに対して不安に思う気持ちもあるのだが、それよりも期待する気持ちの方が大きいのである


ふとこれは旅の効能だと思った


旅をしていると毎日が新しい出会いの連続である、出会いといっても人だけではない、風景、気温、建物、土地の匂い、移動する度に今まで経験したことのないものに出会うのだ

旅のすべてを道の駅かキャンプ場での野宿で過ごしたので尚更、新しいものとの出会いは新鮮で間近に感じられた


そんな日々を毎日続けていると、新しい未知のものとの出会いに慣れてくるのである、もちろん不安もある、野宿できる道の駅だろうか、とかキャンプ場の管理人は親切だろうか、とか粗暴な泊まり客はいないだろうかなど、期待に合わせて不安も必ずある

でもそんな不安をも凌駕するほどのワクワクがあるから、チャリダーは旅を続けるのである


先のバイトで送り迎えしてもらったおばちゃんに「新しい仕事は探さないんですか」と聞くと「また一から始めるのが面倒くさい」という返事が返ってくる

無理もない、そう思うのが人情、わたしだって普通の生活してたらそう思うだろう


でも今はそうは思わないのだ、むしろ短期のバイトをハシゴしてこの北海道の冬を乗り切りたいと思っている


そうわたしはまだ旅の途中なのだ


自転車から下りて、テントも仕舞って、今は壁と屋根付きの宿で過ごしてはいるが、ここは初めての土地で、これから恐ろしいほどの寒さがやってくる

これからの日々はまったく予測がつかない、そう旅してる時と同じである


「旅の効能」と題したが、旅をいつまでもし続ける方法は、いつまでも新しい状況に身を置くことである、そうすればおのずと新しい出会いがあり、ワクワクは続いてゆくのである


旅を終わらせてはいけない


ゴールしてからまた新しい旅が始まる


いつまでもわたしはチャリダーニートだ



2016_0821_08213700.jpg
伊達市アルトリ岬にて 台風が過ぎるまで5日間過ごした 台風一過の岬の眺めは最高だった




にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ
にほんブログ村


アウトドア&スポーツ ナチュラム

posted by チャリダー詩人 at 10:29| Comment(0) | チャリエッセー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする