2018年04月16日

続帯広201日目 18日ぶりの更新 マヌケなドライブからの日高山脈



こんにちは


18日ぶりに更新いたします


ちゃんと生きておりますよ



今日はバイトが休みで、お天気も晴れだったので


訓子府の別宅に行こう!って朝9時ごろバモスくんで出かけたのですが


本別の町境まで(帯広から50キロくらい)来たとこで、あることを悟ったんです


あっ!訓子府の家の鍵忘れた!って・・・


鍵がなければ家のなかに入ることはできない

だからって窓ガラスとか割りたくないし

家に入れなければほとんど行く意味ないし


って、走りながら数分考えたのですが


やっぱりあきらめて引き返すことにしました

また次の休みにしようって・・・


でもそんなにショックでもなかった、まあそんなこともあるだろうって


池田町まで戻って73号線を走っていると

日高山脈が綺麗に見えたので


車を停めて写真を撮った


010.jpg


遠景の日高さんもいいねえ


007.jpg

018.jpg

024.jpg


畑の雪はほとんど融けたが、山脈はまだ雪を被っている

緑の草木の向こうに冠雪の日高さんが撮れるのはこの春の時期だけだ


032.jpg

035.jpg

039.jpg


十勝川まで戻って、また日高さんを撮る


046.jpg

058.jpg


マヌケなドライブでしたが、この写真が撮れただけでも来た甲斐があった

って、自分を納得させました



お昼は十勝川温泉にある「麺処 田楽」って店で「特級豚そば醤油」を食った


DSC_1137.JPG


自家製麺が美味かった!ここは熱いつけ麺が有名らしいから、次はそれを食いたい



前回の更新から今日までの間


特に変わったことはありませんでした


4月の9、10日は屈斜路湖に出張バイトに行きました


道中の「双岳台」から眺める雄阿寒岳が美しかったなあ〜


DSC_1110.JPG
雄阿寒岳 4月9日 午前中


DSC_1116.JPG
雄阿寒岳 4月10日 夕方


弟子屈ラーメンにも行きました


DSC_1111.JPG


昨日は結構な雪が降りました


DSC_1122.JPG

DSC_1123.JPG


でも一日ですっかり融けちゃいました



北海道もすっかり春になりました


あと半月くらいしたら桜も咲くかなあ〜


そのころまた更新するかも



まあ気分しだいで



ではまた



チャオ〜♪



にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村



    
posted by チャリダー詩人 at 17:09| Comment(0) | 2018帯広2年目の春待ち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月29日

続帯広183日目 おひさ〜 5日ぶりの更新です 雪融け報告と詩



お久しぶりです


3月23日から5日間、ブログを更新していませんでしたが、暇なので更新しちゃいます(笑)


いやあ〜ほんと温かくなりました


路肩の氷がどんどん融けております


DSC_1076.JPG
3月27日 7時ごろ撮影


DSC_1077.JPG

DSC_1078.JPG


日中は10℃を越える日も珍しくなくなってきた



この5日間の、わたしの生活は相変わらず平凡ですが


2回飲みに行きました


DSC_1069.JPG
3月24日 焼き鳥双六


DSC_1079.JPG
昨晩 赤ちょうちん


わたしほど飲みに行くのが好きな人間も珍しいだろう

独身オヤジの気楽さはなにものにも代えがたい


独身者諸君!


無理に結婚することはないぞよ



今朝は9時ごろ起きて


いつもの休日のパターン通り昼時になったら飯食いに出かけた


DSC_1080.JPG


今日はほんとに温かかった


DSC_1081.JPG


路肩の雪山がみるみる融けております


DSC_1082.JPG


日陰はしぶといのだが・・・


DSC_1083.JPG


冬は終わっちまったね


DSC_1084.JPG

DSC_1085.JPG


ダウンもマフラーもいらなくなった


DSC_1087.JPG

DSC_1088.JPG

DSC_1091.JPG


そして昼飯はまたこれだ!


DSC_1089.JPG


ペペサーレのパスタランチ王様カルボナーラ生麺


しかし・・・微妙に飽きてきた


やっと飽きてきた


これでペペサーレ卒業できるね



そうそう、昨日久しぶりに詩を書いたので載せておきます


-----


陸橋下にて


路肩の雪山が低くなった

冬が終わろうとしている

新しい季節が始まろうとしている


でも待っていたものが来たとも感じられない

そもそもなにを待っていたのかも分からない


朝日が陸橋のうえから道を照らす

木々の枝にまだ葉はない


自転車のおじさんが通り過ぎる

十字路に吸い込まれてゆくテールランプ


ぼくはただ見つめているだけの人間


雪に囲まれた路地でも

青葉が繁る河の土手でも


待たずとも呼ばなくとも来るものたちをただ

見つめている


-----


詩人なんて名乗っているのだから


たまには書かなきゃね




ってことで、まだ少し書きたいことはありますが


面倒くさいのでまた次回に(笑)



明日はバイトです



では次回の更新まで



チャオ〜♪



にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村



posted by チャリダー詩人 at 19:33| Comment(5) | 2018帯広2年目の春待ち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする